健康の記事一覧

がん診療最前線11.胃がん検診について

新東京病院 岡部寛先生

みなさんはがん検診を受けていますか?

→この記事の続きを読む

かかりつけ薬局の知っ得情報㉓「感染症」

寒い季節となり風邪が流行る時期となりました。 

→この記事の続きを読む

がん診療最前線10.大腸がんに対する体にやさしい手術(腹腔鏡手術)

腹腔鏡手術は腹部に5~10mmの穴を5カ所開け、カメラを腹腔内の挿入し、テレビモニターに映し出された映像を見ながら行う手術であります。

→この記事の続きを読む

かかりつけ医の知っ得情報㉒「乾燥肌」

涼しくなり始めたこの時期、気温の変化により肌がダメージを受けやすくなります。

→この記事の続きを読む

がん診療最前線9.膵がん・・・抗がん剤の進歩が治療成績を改善

  本田五郎先生

膵がんに罹(かか)る人は1万人に3人くらいで、大腸がんの4分の1なのですが、今でもそのうちの約8割の人が膵がんのために亡くなっています。 

→この記事の続きを読む

かかりつけ薬局の知っ得情報㉑「塗り薬と飲み薬」

塗り薬には、軟膏、水剤、ゲル剤など色々なものがあり、蕁麻疹が出たとき、傷つけたとき、虫に刺されたとき、打撲した時などに一番身近なお薬だと思います。

→この記事の続きを読む

8.前立腺がん・・・早期発見と治療について

依田憲治先生

前立腺は尿をためる袋状の臓器である膀胱の真下にある男性特有の臓器です。

→この記事の続きを読む

かかりつけ薬局の知っ得情報⑳「ジェネリック」

『ジェネリックって、本当に大丈夫なの?』地域の高齢者サロンなどで薬についての講演をすると、話した内容に全く関係なく関わらずこんな質問を受ける。

→この記事の続きを読む

7.肺がん・・・早期に発見して胸腔鏡手術で完治へ

新東京病院呼吸器胸腔鏡手術センター長 河野匡  先生

がんの死因で最も多いのは肺がんです。1年間に人口10万人当たり89人が肺がんに罹患します。

→この記事の続きを読む

かかりつけ薬局の知っ得情報19「健康食品」

「人生100年時代」と言われるようになり、健康に対する意識がとても高まっています。

→この記事の続きを読む