健康の記事一覧

かかりつけ薬局の知っ得情報 ③

先日の平昌オリンピックでは日本人選手の活躍に心を震わす場面が数多くありました。いよいよ2020東京に向け期待も大きく膨らむ中で、ドーピング違反に関する見聞も多くなっています。

→この記事の続きを読む

かかりつけ薬局の知っ得情報 ②

世の中に多くの医薬品が溢れ、ほんの数年前まで考えられなかったような薬が新薬として登場するなど、目覚ましい進歩を遂げるなか、それでも人類が人の手で作る事ができないもの、それは血液です。

→この記事の続きを読む

《新連載》かかりつけ薬局の知っ得情報

「かかりつけ薬局の知っ得情報」は、薬剤師が薬、健康に関する情報をお届けする連載コラムです。第一回目は「かかりつけ薬局」についてご紹介します。

皆さんは「かかりつけ薬局」という言葉を耳にしたことはございますか?
街の薬局・薬剤師といえば、医師の処方箋にしたがって薬を出してくれるイメージが強いかもしれません。しかし、超高齢社会を迎える中、薬局の役割も大きく変化しつつあります。

→この記事の続きを読む

薬剤師による ファーストエイド教室12『秋バテ』 シリーズ最終回

秋はスポーツの秋、食欲の秋などと言われ、過ごしやすい時期と思われがちですが、体調不良を訴える人が多くいます。秋の不調は夏バテから引きずることが多く、原因を探るには夏の過ごし方から振り返る必要があるのです。

→この記事の続きを読む

薬剤師による ファーストエイド教室11 『プール』

プールへ出かけた後、目が赤くなったり、ゴロゴロして痒くなったりすることがあります。原因は何でしょう?

プール熱という言葉をご存じでしょうか?アデノウィルスが原因の夏風邪ですが、目の症状として結膜やまぶたの裏側が充血し赤くなったり、ゴロゴロして痛みを伴ったりします。アデノウィルス以外にも出血性結膜炎の原因になるエンテロウィルスや病原性大腸菌などが感染症の原因になります。

→この記事の続きを読む

薬剤師による ファーストエイド教室10『食中毒』

私達は毎日の食事で、体力と健康を維持しています。ところが暑くてムシムシした日が続くと、食欲が落ち、水気の多い物がほしくなります。
そんな隙を狙うようにふえるのが食中毒です。食中毒は、胃腸の痛み、吐き気、嘔吐そして下痢を伴い、私達の体力を奪います。原因は幅広く、一番多いのはウィルス、細菌、カビなどです。

→この記事の続きを読む

薬剤師による ファーストエイド教室9『熱中症』

熱中症とは、暑い環境で生じる健康障害です。炎天下の屋外だけではなく室内で起こることもありますので、真夏の最高気温が高くなった日や、熱帯夜、梅雨の晴れ間や梅雨明けの急に暑くなったときなどは特に注意しましょう。

→この記事の続きを読む

薬剤師による ファーストエイド教室8『カビ・ダニ』

ジメジメしてくると気になるのが「カビ」の存在。

自然界で多く見かけるのがアオカビです。アオカビには300を超える種類があるとも言われ、ブルーチーズに使われるなど毒性のないものもあります。

→この記事の続きを読む

薬剤師による ファーストエイド教室7『紫外線対策』

紫外線の量は6月~7月にピークとなり、曇りや雨の日も降り注いでいます。春先から増え始めるので早めの対策を心がけましょう。

→この記事の続きを読む

薬剤師による ファーストエイド教室6『季節の変わり目』

暖かい日差しが増してきました。季節の変わり目は、疲れやすさ、風邪、だるさ、肌荒れ、気分の落ち込み、眠気等を訴える方が多い時期です。

→この記事の続きを読む