心とからだの年齢を若くする抗加齢医療の記事一覧

10 アンチエイジング医学の未来像

「アンチエイジング」を簡潔に表現すると、「私は死にたくない、〝病気〟になりたくない、質の良い〝健康〟な人生を送りたい」という意志の表れといえます。
このようにわれわれは「病気」の反対語として「健康」という言葉を日常的に使っています。

→この記事の続きを読む

9 運動するとホルモンはどう動くか-女性も男性ホルモンを分泌する

トレーニングで筋肉が太くたくましくなることは良く知られています。これにはアミノ酸が深くかかわっているのですが、最近の研究で、アンドロゲンという男性ホルモンの働きも注目を集めています。

→この記事の続きを読む

8 運動するとホルモンはどう動くか-成長ホルモンを減らさないコツ-

規則的に運動(スポーツ)をしていると、次のような効果が期待できます。

→この記事の続きを読む

7 スポーツ障害、変形性関節症、プチ整形へのヒアルロン酸効果

「SLの旅を楽しもう」のLは御存じのように移動する、旅をするのロコモーション(Locomotion)のことですが、悲しいことに、骨や関節、筋肉といった運動器の機能が衰えて、外出どころか要介護、寝たきりになってしまう危険性が高い状態をロコモティブシンドローム(運動器症候群)といいます。

→この記事の続きを読む

6 ヒアルロン酸効果の秘密を探る(Ⅰ)

多くの人びとが利用しているサプリメント(栄養機能食品)にビタミン剤やミネラル類がありますが、最近目覚ましい勢いで普及しているのが、タンパク質やアミノ酸を原料としたものです。
中でもコラーゲンやヒアルロン酸などは、とても魅惑的なうたい文句で人びとをひきつけています。

→この記事の続きを読む

5 肌の美容マニュアル、最新情報

「この化粧水で美肌が手に入る」「このサプリメントでヒアルロン酸が増え、肌がうるおう」といったたぐいの広告があふれています。本当にそんな妙薬があるのか、疑ってかかるのが賢明で、良くみれば〝その可能性がありますよ〟くらいのあいまいな表現であることが読みとれるはずです。

→この記事の続きを読む

【健康よろずQ&A】(番外編)-骨粗しょう症

治療が必要な骨密度って?薬で骨量は増える?

【Q】今まで骨折、ねんざなどは一度もなく、スポーツクラブで泳いだりウォーキングなどの運動もしていますが、人間ドッグで骨密度が50㌫(左腕で測定)という数値が出てしまいました。治療は必要でしょうか。また、薬で骨量が改善されるのでしょうか?(柏市在住女性・69歳)

→この記事の続きを読む

4 目に見える老化、皮膚のしわ

「非常な老齢で顔が皺だらけなので、ちょっと微笑してもたくさん皺(しわ)がより、表情の変化が全然ないのだ」
ヘミングウェイは、「武器よさらば」の登場人物の一人、イタリアの老伯爵の顔をこのように描いています。

→この記事の続きを読む