《新連載》「がん診療最前線」の記事一覧

15.がんの薬物療法について

新東京病院 岡部寛先生

みなさんは、がんの薬物療法と聞くとどんなイメ―ジをもたれるでしょうか。

→この記事の続きを読む

がん診療最前線14  がんの予防方法・・・運動のすすめ

岡部寛先生

がんの予防については近年多くの研究が行われていますが、国立がん研究センターの研究では、

→この記事の続きを読む

がん診療最前線13 人工肛門(ストーマ)

松本寛先生

「人工肛門」 ご存じですか? 

→この記事の続きを読む

がん診療最前線12 肝臓がん

本田五郎先生

肝臓にできる悪性腫瘍(がん)は原発性肝がんと転移性肝がんの2つに大別されます。

→この記事の続きを読む

がん診療最前線11.胃がん検診について

新東京病院 岡部寛先生

みなさんはがん検診を受けていますか?

→この記事の続きを読む

がん診療最前線10.大腸がんに対する体にやさしい手術(腹腔鏡手術)

腹腔鏡手術は腹部に5~10mmの穴を5カ所開け、カメラを腹腔内の挿入し、テレビモニターに映し出された映像を見ながら行う手術であります。

→この記事の続きを読む

がん診療最前線9.膵がん・・・抗がん剤の進歩が治療成績を改善

  本田五郎先生

膵がんに罹(かか)る人は1万人に3人くらいで、大腸がんの4分の1なのですが、今でもそのうちの約8割の人が膵がんのために亡くなっています。 

→この記事の続きを読む

8.前立腺がん・・・早期発見と治療について

依田憲治先生

前立腺は尿をためる袋状の臓器である膀胱の真下にある男性特有の臓器です。

→この記事の続きを読む

7.肺がん・・・早期に発見して胸腔鏡手術で完治へ

新東京病院呼吸器胸腔鏡手術センター長 河野匡  先生

がんの死因で最も多いのは肺がんです。1年間に人口10万人当たり89人が肺がんに罹患します。

→この記事の続きを読む

6.食道がんの早期発見と安全な治療を受けるには

新東京病院 岡部寛先生

食道がんはアルコールとたばこが大好きな方がなりやすく、芸能人の方にも多いがんです。

→この記事の続きを読む