我孫子の記事一覧

我孫子を愛した陶芸家 バーナード・リーチ

生涯で最も幸福だった年

三樹荘までの坂道、「天神坂」

三樹荘までの坂道、「天神坂」

今年生誕130年を迎えるバーナード・リーチ。我孫子にあった柳宗悦(やなぎむねよし)邸「三樹荘」に窯を築き100年を記念し、日本民藝館所蔵の我孫子時代のリーチ作品を中心に紹介する特別展「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」が我孫子市白樺文学館で開催している。

→この記事の続きを読む

《毎日新聞旅行》直行便利用 1日限定のウオーキングイベント! 伊良部大橋ウオーキング

伊良部大橋 (宮古島観光協会写真提供)

伊良部大橋
(宮古島観光協会写真提供)

2018年1月に開通3周年となる、伊良部大橋で1日限りのウオーキングイベントが開催されます! 宮古島を起点に池間島・下地島・来間島も巡る南国絶景海上ウオーキングです。360度を美しい海に囲まれた最高のロケーションの中で一緒にウォーキングを楽しみましょう!

→この記事の続きを読む

手賀沼の畔で叶う大人女子の休日スタイル

バードウオッチングとアウトドアランチ&カフェを楽しむ休日

女子限定で参加者募集(ペアdayもあります。男子OK)

okutega2「バードウオッチングの聖地、手賀沼。普段見つけられない、あんな小鳥や水鳥も案内人『バードラバー柴田さん』がしっかりとキャッチアップ。初めての人にも、高性能望遠鏡《貸与》の使い方をしっかりレクチャーしますから野生の鳥を間近に観察できます。バードウオッチングのあとは、地元野菜をふんだんに使ったヘルシーなランチ、午後はスイーツで、アウトドアの休日を満喫してください」

→この記事の続きを読む

竹灯篭のイルミネーション  

手賀沼のほとりで

昨年多くの人が訪れたイベント、年末年始は我孫子で過ごそう!『初日の出は手賀沼大橋』が今年も開催される。

→この記事の続きを読む

第71回 東葛駅伝あの感動をもう一度!

巡回写真展始まる

追加情報※我孫子でも写真展を開催します。

髙島屋柏店での写真展の様子

髙島屋柏店での写真展の様子

歯を食いしばってゴールするアンカーや必死でたすきをつなぐ選手たち…。再び、あの感動を―。
秋の東葛路で繰り広げられた「第71回東葛飾地方中学校駅伝競走大会」の巡回写真展は12月8日から14日まで、流山市・生涯学習センターで始まる。すでに柏市の髙島屋柏店での開催は盛況のうちに終了=写真。感動の余韻は冷めやらぬまま、年末から来年1月にかけ、写真展の会場をJR松戸駅や野田市役所に順次移して開催される。

→この記事の続きを読む

第71回東葛駅伝 優勝 我孫子市立白山中学校

東葛から全国へ

東葛駅伝優勝を喜ぶ白山中の選手たち

東葛駅伝優勝を喜ぶ白山中の選手たち

第71回東葛飾地方中学校駅伝競走大会(毎日新聞主催。東葛飾地方各毎日新聞販売所、東葛毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、ジェイコム東葛葛飾など後援)は、10月21日行われ、我孫子市立白山中学校が、東葛6市(松戸・柏・野田・流山・我孫子・鎌ヶ谷)の全中学校71校の頂点に立ち通算11回目の優勝を手にした。
コースは、野田市総合公園陸上競技場をスタート、松戸市立中部小学校前をゴールとする10区間32.2㌔で行われ、優勝した我孫子市立白山中学校のタイム1時間39分50秒は、コースが変更になった57回大会(2003年)以降、最速の記録となった。準優勝は我孫子市立湖北中学校、3位は松戸市立小金北中学校。

→この記事の続きを読む

アコーディオンの音に魅せられて

第11回サロンコンサート

110曲のレパートリーを持つ我孫子アコーディオンクラブ

110曲のレパートリーを持つ我孫子アコーディオンクラブ

一台の楽器で複雑な音を奏でるアコーディオン。 蛇腹を操作して送風しながら演奏するので手風琴(てふうきん)とも言われる。そのアコーディオンの音に魅せられた4人による「我孫子アコーディオンクラブ」の第11回サロンコンサートが、12月3日あびこ市民プラザで開かれる。

→この記事の続きを読む

介護セミナーの開催 「千葉県介護事業人材確保対策事業」プロに学ぶ介護技術・介護の考え方

webp3-1日本の高齢化にともなう現実は、いやでも介護の必要性を避けては通れない。平均寿命が延びた分、要介護者の数とそれに必要な年数は増加するものとなっている。身の回りを見ても、身内に介護の必要のない人が全くいないという人は少ないのではないだろうか。

→この記事の続きを読む

けやき(我孫子)で県民講座  笑顔でスムーズに相続 「争族」は知識と知恵で解決

family_isan_happy相続が、時には「争族」と揶揄されることがある。
親の遺産の相続をめぐって、骨肉を分けた者同士が争うことほど醜く悲しいことはない。もし、それを遺した親たちが、その様子を目にしたらどんなに悲しむことだろう。 そんなつもりで遺したわけではないのにと、きっとがっかり嘆くに違いない。そんな場合、よく言われることとして、遺産がないことの幸せを聞くことがあるが、しかしそれも単なる負け惜しみでしかないように思えてくる。

→この記事の続きを読む

《毎日新聞旅行》入手困難な迫力の秩父夜祭り 団子坂特別桟敷席プラン

秩父夜祭

秩父夜祭

出発日12月3日㈰(1泊2日)
天然記念物・鬼石冬桜とカリカリ梅・こんにゃくの工場見学へ。

→この記事の続きを読む