《新連載》しあわせレシピの記事一覧

しあわせレシピ

4番 料理研究家大瀬由生子●大瀬由生子 先生 プロフィール
行政・企業・カルチャーセンターなどの料理講師のほか、レストラン・企業の商品開発・イベントなどでも活躍。
また、親子クッキング、小学校での講演など、食育活動にも積極的に取り組む。柏市子ども元気プロフェクトより「柏市学校給食クックパッド」を提案し連載中。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑦ 長ねぎの豚肉巻

web千葉県はネギの出荷量が日本一。
とくに東葛地区は旬のおいしいねぎが食べられる地域ですそこで今月は、ねぎについての栄養と簡単レシピをご紹介します。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑥ かぶの鶏そぼろあん

web5柏はかぶの出荷量が日本一。かぶは水分が多いため鮮度に左右される野菜。
だからこそ、産地がこの地域では美味しいかぶを食べることができます。そこでかぶの栄養や調理法などを学び、日本一の柏のかぶをもっと美味しく食べましょう。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑤ 玄米の炊き方

mono《玄米》

新米の季節になりましたね。そこで今月は玄米についてお伝えします。

玄米とは収穫した米からもみ殻だけを除いたお米。白米は精米することによってその豊富な栄養素をそぎ落とし美味しさを追求したものだと言えます。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ④ 蒸茄子の中華ソース

web
●材料
・ナス 1本(120グラム)
・白髪ネギ 1/2本分(47グラム)

・中華ソース 醤油大さじ1、砂糖小さじ2、ごま油小さじ1
生姜1/2片(5グラム)、赤唐辛子1/2個(種を取って輪切り)

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ③ キュウリのガーリック風味のおつまみ

webキュウリがいっぱい食べられるレシピのひとつ。人が集まる持ち寄りパーティにもおすすめです。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ② 飲む点滴「甘酒」

web夏バテ防止にもきく甘酒。江戸時代は、夏に多く飲まれていたといわれています。俳句でも夏の季語だったほど。
世間一般で甘酒と呼ばれるものには、お湯に酒粕と砂糖を加えて飲む酒粕甘酒と、 米糀でつくる甘酒の2種あります。
今回ご紹介するのは糀で作る甘酒。こちらは酒とは言うもののアルコール分を含まないため、子どもでも飲むことができます。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ① 季節の果物でフルーツビネガー

ビネガー血圧の安定、血液サラサラ、抗酸化作用、脂肪燃焼、アンチエイジング効果など優れた健康効果を持つ酢。主に血液循環をよくし、体にたまった老廃物を排泄する作用があります。
血液がサラサラになると、冷え性、貧血、肩こり、便秘の改善、美肌、ダイエット効果が期待できます。

→この記事の続きを読む