夢に向かって~東京2020~の記事一覧

右手は天使の羽 左手の強烈なスマッシュが武器 File No.11 竹内望選手

File No.11 竹内 望(パラ卓球) 鎌ケ谷市出身

日本のパラ卓球界では、右に出る者がいない実力者が竹内望選手だ。

→この記事の続きを読む

7人制ラグビーはおもしろい。オリンピアン合谷和弘選手、目指せ「男子セブンズ」

FileNO 10.合谷和弘(7人制ラグビー)福岡県出身

ラグビーワールドカップ日本大会で沸き立つ中、ラグビーはいま注目必至のスポーツだ。前回のリオオリンピックから正式種目となった7人制ラグビー。

前回出場経験のあるオリンピアン合谷和弘選手が、来年のオリンピックへ向けて熱い思いを語った。

→この記事の続きを読む

可憐なる「爪先美人」の大岩千未来選手 妖精の魔法は皆を魅了する

File No.9 大岩千未来(新体操) 野田市出身

日本の新体操界のニューヒロインは、若干17歳の野田市出身の大岩千未来さん。

→この記事の続きを読む

オリンピアン寺村美穂 トビウオジャパンとして目指せ2020東京

FileNo.8 寺村 美穂(競泳・200㍍個人メドレー)流山市出身

前回のリオデジャネイロオリンピックに出場したセントラルスポーツの寺村美穂選手は、毎日早朝から習志野市にあるセントラルフィットネス谷津のプールで練習に励んでいる。2020年は、2度目の五輪出場に期待も膨らむ。 

→この記事の続きを読む

水しぶきを立てながら激流の中を進む。カヌー・スラローム 山本嶺選手

File No.7 山本嶺(カヌー)野田市出身

カヌー挑戦の原点はアウトドアでの体験

日本名水百選に選ばれている東京都青梅市の御岳渓谷。この美しい渓流でカヌーの練習に励む山本嶺選手は、野田市出身の23歳。

→この記事の続きを読む

九十九里海岸・一宮に世界のトップサーファーたちが集結「海のヒロイン」加藤志穂里選手

File No.6 加藤志穂里選手(サーフィン)柏市出身

真夏に開かれる東京オリンピックでぜひ注目したい競技がサーフィン。

→この記事の続きを読む

東京オリンピック新種目「スポーツクライミング」菊沢絢選手

姉妹はライバル。菊沢絢選手(右)と菊沢紗選手(左)

「壁面の頭脳戦」と言われるスポーツクライミング。近年、趣味で始める人も多く、各地でボルダリングジムが増えている。来年の東京オリンピックで正式な新種目として注目されているスポーツだ。

→この記事の続きを読む

アマチュアゴルファーで優勝を経験。次はプロテスト合格、そしてオリンピックへ

File No.4
吉田優利(ゴルフ)
市川市出身

10歳からゴルフを始めた吉田優利(ゆうり)選手は、東京オリンピックの千葉県特別強化指定選手に選ばれている。アマチュアゴルファーとして輝かしい実績を残しているが、今年は狭き門であるプロテストに挑戦する。

→この記事の続きを読む

日体大柏高校でレスリングに打ち込み 86キロ級でオリンピック出場を狙う

File No.3
白井達也(レスリング) 大阪府出身

レスリング86キロ級で東京オリンピック出場を狙う白井達也選手。鋼のような筋肉を持つ18歳は、3月に日本体育大学柏高校を卒業後、4月から日本体育大学(横浜市・健志台キャンパス)へ進む。

→この記事の続きを読む

世界ジュニアランキング1位 伸びしろいっぱいの18歳 船水梓緒里(パラテニス)

 2020年の東京パラリンピックでパラテニス出場を狙う18歳の船水梓緒里(しおり)選手。テニスを始めてまだ5年。しかし、昨年の世界ジュニアランキングで堂々1位となった実力の持ち主だ。

→この記事の続きを読む