子どもの広場の記事一覧

子どもの広場一覧

著者:内堀照夫 問い合わせTEL04-7146-3501柏ゆうび  ゆうび

ゆうび小さな学園 内堀 照夫

http://www.yuubi.org/

子どもの広場ゆうび「登校渋りからフリースクールまで」

 「不登校は、恥ずかしいことでも、困ったことでも、悪いことでもありません。本人の選択です。相談・見学においで下さい」のメッセージを、ゆうび便りなどで発信させて頂いていますが、これに対して「本人の選択」と突き放すのは酷ではないか、という指摘があります。

→この記事の続きを読む

「私にとって本は無二の親友」と、容さん。一冊の本は一個の人格です。

 6月3日の日曜日は「ゆうびバザー」です。例年年老いた僕は、お客さんがまばらに来て下さる「本やさん」を受け持ちます。

→この記事の続きを読む

自信の持てる回答が出来なくて・・・悩む。泣き虫支援者の愚痴

不登校について相談・見学にくる時、多くは母子二人で来ます。今回は両親二人で来園。父母が『不登校』について共通の理解をすることは子どもにとっても好ましいことです。「不登校は恥ずかしいことでも、困ったことでも、悪いことでもありません。本人の生き方の選択です。

→この記事の続きを読む

タンポポ村の若者キツネ・コン君は幸せ ADHDのある人を受容できる社会に

今日は、タンポポ村のヤギ村長の誕生日会です。村人が子どもも大人もいっぱい集まっています。

 ハッピーバースディを歌って、ケーキのろうそくをヤギ村長がふ~っと消すと、パチパチパチという拍手とともに「おめでとう!」の声。ヤギ村長がお礼の挨拶をして「質問タイム」がはじまります。

→この記事の続きを読む

うっちーは、幸さんから支援者のあり方を学んでいます。ありがとね。「十五の春を讃える会」

ゆうびの園庭に、梅やさくらんぼの花が咲き始めました。3月です。ゆうびでは、毎年15歳の子をお祝いする『15の春を讃える会』が開かれます。

→この記事の続きを読む

「国語大好き!算数大嫌い!」の悟君の…国語(物語)的な算数の学習方法…

前月の発展風な話です。問題「太君と花さんが森へクルミを採りに行きました。二人合わせて120個採りました。太君は花さんの2倍採りました。太君は幾つ、花さんは幾つ採ったでしょうか?」。

→この記事の続きを読む

「算数がすき!だって答えが一つだもん」…答えがいっぱいある問題に挑戦しよう?

ゆうびには時間割がない「算数の勉強をしよう」と誘う事もない。でも「週1くらいで勉強の時間を設けてみましょう」と言うことで昨年夏頃から『勉強の店』オープン。

→この記事の続きを読む

LINEの怖さを知ろう  誤解は増幅するし友情も壊れる

就活中のAさん(23)は、親しみを持って頼りにしているBさん(39)にLINEで「私の良いところがあったら教えて」と送った。

→この記事の続きを読む

「自閉症」のある子が通常学級で学ぶ  健常と言われる子達も学ぶことが多い

◆9月号続き最終回
これまでの話でおわかりと想いますが、圭ちゃんの母親は圭ちゃんの世話をするために付き添っているのではありません。圭ちゃんへの支援・指導はボリ先生で、母親は1年3組の助手です。圭ちゃん以外の子どもたちの手助けや相談・質問などに答えて頂きます。重要な目的は、ボリ先生の圭ちゃんへの支援の様子を覚えて頂くことです。家庭→母親と学校→担任教師の接し方が共通していると、圭ちゃんは行動しやすく、心地いいだろうと考えて。

→この記事の続きを読む