柏レイソルの記事一覧

「突き付けられた現実」から中川創は何を見た

web
 長い足を精一杯に伸ばして、ボールに反応。相手のカウンターアタックからの攻撃を終わらせたつもりだった。

→この記事の続きを読む

「響き合う、その距離」ー小泉慶と手塚康平

左:小泉選手 右:手塚選手

左:小泉選手 右:手塚選手

 その対照的な個性、だが相性は絶妙だった。

→この記事の続きを読む

「チャンス」と「残像」と中川創の今

DSC_1494
 別れは突然やってきた。夏の訪れを感じさせる朝だった。中川創選手はその時をこう振り返った。

→この記事の続きを読む

古賀太陽、福岡へ

web

 6月18日、DF古賀太陽選手のアビスパ福岡(J2)への「育成型期限付き移籍」が発表された。

→この記事の続きを読む

加藤望ヘッドコーチ 監督就任

web
5月13日、柏レイソルは下平隆宏前監督の退任に伴い、加藤望ヘッドコーチの監督就任を発表した。

→この記事の続きを読む

示された進化とその先ー小池龍太

web

土埃を上げるかのように駆け上がり、ゴール前へクロスを放つSBの時代も今や昔。現代的SBの進化は目覚ましい。DFの1人としての守備力は当たり前。中盤ではMFのようにボールを動かし、相手陣内ではアタッカーとしての資質が求められて久しい。だが、私たちは既にそのようなSBを目撃している。それは小池龍太のプレーそのものだからだ。

→この記事の続きを読む

秀逸なビジョン、秀逸な逆算。 江坂任の「ひと手間」

rey3「レイソルのスタイルを自分もやりたかった。質の高い縦パスが入ってくるので、クロスへの入り方も含めて自分の特長が活かせると思う」
MF江坂任選手は柏レイソル加入直後にこのように話していた。その後、江坂選手は自らの言葉を具現化するようにコレクティヴなプレーで攻撃に新たな彩りを添えている。

→この記事の続きを読む

その先の景色とは ― 中谷進之介

web 「かっこよくてうれしいけど、あれだけ大きいと少し気恥ずかしいですね」
声を弾ませた中谷進之介選手。何が気恥ずかしいかといえば、柏駅東口に掲出された巨大ポスターだ。中谷選手はレイソルの顔として今シーズン前半戦のメインビジュアルを務めている。駅付近を行き交う人々の視線を奪うような痛快なデザインだが、かつての中谷少年も歴代のポスターを見ながら育ってきたという。

→この記事の続きを読む

新しい仲間たち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA柏レイソルは1月10日、毎年恒例となっている「新体制発表会」を柏市民文化会館で開催した。会場には抽選で選ばれた約1200人のサポーターが集まった。

→この記事の続きを読む

「通過点」で再び示す、変わらぬ姿勢

web12月5日に開催された「2017Jリーグ・アウォーズ」の中で中山雄太選手が新人王に相当する「Jリーグ・ベスト・ヤングプレーヤー」に選出された。柏レイソルからは2012年の酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)以来の受賞となった。J1リーグ30試合出場(2ゴール)。こつこつ積み上げたプレータイムは2680分にのぼる。中山選手の活躍はクラブに留まらず、今夏韓国で開催された「U‐20W杯」に出場するなど、日本サッカー界の未来を担う東京五輪世代の1人として躍進。いわば、納得の受賞だった。

→この記事の続きを読む