良い歯で良く噛もう!



良い歯で良く噛もう!

普段、一回の食事で何回くらい噛んでいますか?回数なんてあまり意識しないかもしれません。ちなみに弥生時代は4000回、戦前は1400回、現在では600回位だそうです。
現代の食事は軟食が多く、あまり噛まなくても飲み込めるものが食卓に並ぶことが多いようです。昔の人のようによく噛むことで次のようなメリットが生まれます。


①むし歯予防…唾液の分泌が促進され、口の中を洗い流す作用が増え、むし歯の予防に繋がります。

②肥満予防…味覚が刺激されると全身の細胞が活性化し、熱エネルギーが発生します。また食事中から消化吸収が始まり、血糖値が上昇するので、早くから満腹感が得られ、結果的に食事量を減らす事ができます。

③認知症予防…脳が刺激され、また脳により多くの血液や栄養素を送り込むことができます。これにより認知症が予防できると言われています。

④成長への影響…発育期によく噛む事は味覚を発達させ、歯並びや発音にも良い影響を与えます。

⑤ガン予防…唾液に含まれるペルオキシターゼという酵素が発ガン性物質を作り出す活性酸素を消していきます。効果をあげるためには、よく噛み、唾液をたくさん出し、食べ物と唾液をよく混ぜることが大切です。約30回で毒性が1~2割に薄まるそうです。

このように、良く噛む事は体にたくさんの良い作用をもたらしてくれるのです。
早速今日の食事から試してみてはいかがでしょうか?

 

 


                                                  

2014年05月27日 良い歯で良く噛もう! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: かむかむ図書館 健康

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。