高齢社会への取り組み 2



高齢社会への取り組み 2

先月号は、柏市が医療特区に指定されている事を知らせしました。今回は、柏歯科医師会の歯科介護支援センターについてです。

これまで20年あまりの間、歯科介護支援センターは、歯科医院の外来受診が出来なくなった在宅の高齢者などの窓口になっています。この支援センターの職員は、患者さんの口の状況などを確認し、掛かりつけ医だった歯科医院、もしくは訪問可能な歯科医院へ、在宅での歯科治療を依頼する事業を行って来ました。 実際にはどのような人が利用されているのでしょうか?

退院後に、在宅での療養が始まったが、まだまだ通院は困難。高齢で身体が不自由。身体的・精神的な障がいがある。歯科が無い病院に入院中など、さまざまな理由で歯科医院へ通院する事が困難な患者さんの自宅、病院、施設等の生活の場へ伺い、歯科診療や口腔ケア(口のクリーニングなど)の訪問診療を行います。皆さんが歯科医院で受けるのと同じような内容であり、イメージしやすいと思います。

虫歯治療は「歯が痛い」「冷たいものがしみる」「温かいものがしみる」「歯が欠けた」などに対する治療です。  訪問診療で最も多い治療は「義歯」の関係で、「入れ歯が割れてしまった」「入院中に入れ歯を紛失した」「入れ歯を新しく作りたい」などなど、入れ歯に関するトラブルにも対応しています。まずはお気軽にご相談下さい。

歯科介護支援センターは☎04・7147・6480。柏歯科医師会 黒滝)


                                                  

2014年08月27日 高齢社会への取り組み 2 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: かむかむ図書館 健康

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。