高齢社会への取り組み 6



高齢社会への取り組み 6

12月1日にNHKの番組「クローズアップ現代」で、「長寿の鍵は〝口〟にあり〜口腔ケア最前線」と題して入院患者と在宅医療における口腔ケアについて特集されました。
千葉県の中で柏市は、入院施設のある病院も多く、恵まれています。手術を受ける前に口の中を専門的にケアしてもらっておくと、手術の後に感染症にかかるリスクも軽減し、入院期間も短縮するという報告もあります。
在宅医療においても、肺炎で入退院を繰り返す原因が口の衛生状態であることも珍しくありません。
例えば、がんと診断された場合は、まずは掛かり付け歯科医院を訪れ、口腔ケアを受けることが大切です。手術があると決まってからでは、日程が間に合わない事も多々あるようなので、いずれの場合でも上記の事で困らぬように、緊急入院でない場合まずは、歯科医院を受診する事をお勧めします。
また、歯周病の治療に伴って糖尿病の改善が認められる事もあります。口は全身の病気(心臓疾患、脳血管疾患)に影響を与える事が多く、日頃から口腔ケアが大切です。
番組ではそれぞれの地域での介護職と歯科医との連携を試行錯誤しながら築き上げた取り組みを見ることができました。
柏市では総合特区制度の下、介護職、医療従事者が一つのチームとなるためにさまざまな取り組みが行われてきました。この「柏モデル」は来年以降に全国的に広まります。
在宅での歯科治療にお困りの場合は、まずはお気軽にご相談下さい。
(柏歯科医師会 黒滝)
歯科介護支援センター電話:04・7147・6480。


                                                  

2014年12月24日 高齢社会への取り組み 6 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: かむかむ図書館 健康

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。