お口の周りの 筋肉の話



お口の周りの 筋肉の話

体の動きをよくするため筋肉を鍛えるトレーニングがあるように、お口の周りの筋肉もトレーニングできます。口腔周囲筋のトレーニングをして口腔環境の調和をはかる治療法を口腔筋機能療法(MFT)といいます。
口腔周囲筋(舌、頬、口唇など)の不調和から生じる症状として、
*舌突出癖…舌を前に押しだす癖。
*低位舌…安静時の舌が下顎の歯列のなか(低位)にある。
*口唇閉鎖不全…安静時、お口が開いている。などがあります。

MFTを行なっていく際、「正常な舌位」の理解がとても重要です。正常な舌位は安静時、舌の先が上の前歯の裏の歯肉辺りにつき舌全体が軽く上あごに触れています。この位置に舌がないと口呼吸になったり、歯並びを悪くしたりむし歯や歯周病になりやすいなど様々な不調和が生じます。これは小児だけではなく成人も同様なことが言えます。歯周病により歯の動揺が出てくると舌の影響を受け、歯と歯の間にすき間ができたり、出っ歯になったりします。その結果口唇が突出し表情筋がたるみ、老けた顔つきになりやすいのです。舌や口唇が正しい位置におけないのは口腔周囲筋が弱い、衰えてきたなどの理由が考えられますので、こうした部分をトレーニングする事が大切なのです。実際のトレーニング法はそれぞれの状態のより異なりますので、かかりつけ歯科医院にて直接指導受けていただくのが良いでしょう。MFTでまずは口元から。そしてそこから全身の健康を目指していきましょう。
(柏歯科医師会 桑木)


                                                  

2015年10月28日 お口の周りの 筋肉の話 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: かむかむ図書館 健康

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。