柏市での在宅医療と在宅介護の取り組み



柏市での在宅医療と在宅介護の取り組み

歯科と訪問看護師との連携

在宅で療養している人が住み慣れた家庭で少しでも快適な療養生活が送れるように看護師が家庭を訪問しています。かかりつけの医師と連携をとりながら皆様の健康管理から全体的な日常生活の維持回復を図れるように看護サービスを提供していくのが訪問看護師さんです。
最近では、口腔ケアの大切さを実感された訪問看護師さんから口腔ケアについて聞かれることが多くなりました。慈恵医科大学柏病院でも歯科介護支援センターや、歯科医師会の先生が講演をしたりしていました。我々歯科医師も普段の患者さんの状態を知りたい時、とても助かっています。
以前は自宅に行ってみると状態がすぐれないので治療の代わりに口腔ケアに留めておいたり、逆に自宅に行ってみたら状態が聞いた状態より良くなっていたので急遽治療に変更したりということがよくありました。
しかし、顔の見える関係会議が開催されて以降、情報共有が進んできたおかげでそうした事も少なくなり、我々もしっかり予定を組んで訪問歯科診療を行えるようになりました。
在宅で口腔ケアに迷っている家族の方は是非とも、訪問看護師さんに我々歯科医師を要請してもらってください。介護支援センターや特区の訪問口腔ケアセンターからお伺いします。

電話:04・7197・1510
(柏歯科医師会  横山幸夫)


                                                  

2016年01月27日 柏市での在宅医療と在宅介護の取り組み はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: かむかむ図書館 健康

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。