薬剤師による ファーストエイド教室5『花粉症』



薬剤師による ファーストエイド教室5『花粉症』

花粉症は、スギなどの花粉が原因で起こるアレルギー疾患の一つです。スギ花粉がよく知られていますが、季節によりヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなどによる花粉症もあります。
花粉症患者数は年々増加し、日本人の約4人に1人は花粉症とも言われています。

主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどで、くしゃみは異物を外に出そうとするために、鼻水は異物を洗い流そうとするために、鼻づまりは血管を拡張して鼻にふたをするために起こります。いずれも体にとっては大切な生体防御反応です。

しかし、これらの反応が過剰に起こると不快なだけでなく、鼻呼吸が困難になるため口呼吸となり、咳、味覚・嗅覚障害、睡眠不足など、生活に支障が出る場合もあるので対策が必要です。

花粉症対策の基本は花粉を体内に入れないことです。多く飛散する日はなるべく外出を控えましょう。外出時は帽子、メガネ、マスクを着用し、帰宅時には玄関で花粉をはらって、なるべく室内に入れないようにします。また、洗顔やうがいで体についた花粉を洗い流しましょう。空気清浄機などの使用も有効です。

花粉症の薬物治療ではアレルギーを抑える内服薬、点鼻薬、点眼薬が主に使用されます。いずれも花粉が飛び始める前や症状が軽いうちに使い始めると、症状が出るのを遅らせたり、軽減できるとされていますので、早めの対策を心がけましょう。最近では眠気などの副作用が発現しにくい薬や免疫療法薬など様々な花粉症用のお薬が発売されています。ぜひ薬剤師にご相談ください。
秋元 義幸

友愛薬局小金原店
電話047・349・3900(松戸市小金原4‐3‐17)

一般社団法人 松戸市薬剤師会 電話047・360・3600


                                                  

2017年02月22日 薬剤師による ファーストエイド教室5『花粉症』 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 健康 薬剤師によるファーストエイド教室

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。