薬剤師による ファーストエイド教室6『季節の変わり目』



薬剤師による ファーストエイド教室6『季節の変わり目』

暖かい日差しが増してきました。季節の変わり目は、疲れやすさ、風邪、だるさ、肌荒れ、気分の落ち込み、眠気等を訴える方が多い時期です。
私たちの体は、季節や環境に対応するため、自律神経で血圧や体温、心拍などをコントロールしています。しかし、特に春先は気温差や環境の変化等のストレスにより自律神経の働きが乱れ、冒頭で挙げた症状などの体調不良を起こしやすくなります。そのような時には自律神経を整えるよう、規則正しい生活を送ることが大切です。

【睡眠】毎日の起床、就寝時間を規則正しく習慣付けましょう。太陽の光は、セロトニンというホルモンを活性化させます。セロトニンは体内時計のずれをリセットして脳と体を覚醒し、やる気を引き出します。朝起きたらカーテンを開け、できるだけ室内に太陽光を取り入れましょう。

【食事】バランスの良い食事をしっかりと摂りましょう。特に疲労回復をたすける三つの栄養素としてビタミンB1(豚肉、レバー、うなぎ)、アリシン(ニンニク、ニラ、玉ねぎ)、クエン酸(レモン、梅干し)を含む食事がお勧めです。
古くから「春は苦味を盛れ」の言葉があるように、苦味のある野菜類はビタミンCをはじめとする栄養素を豊富に含み、この時期の風邪予防などにもつながります。食事で不足している場合はサプリもお勧めです。

【運動】ウォーキングやストレッチなど、毎日の生活の中でストレスにならない程度に身体を動かしましょう。
また、日々の生活に多少のストレスはつきものと考えて受け流すことも大切です。
東風平 秀博

田辺薬局 新松戸西店
☎047・312・1355(松戸市新松戸6‐39)

一般社団法人 松戸市薬剤師会 電話047・360・3600


                                                  

2017年03月29日 薬剤師による ファーストエイド教室6『季節の変わり目』 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 健康 薬剤師によるファーストエイド教室

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。