在宅訪問歯科診療



在宅訪問歯科診療

痛い、噛めない、腫れたなど、お口の中のさまざまな症状で困っている方は、多いと思います。そんな場合、当然歯科医院に行かなければなりません。

しかし、行きたくても行けない。少しの距離も歩けない。連れて行ってくれる家族もいない。という方もたくさんいます。

歯科医院に通えなくなるほど体力の衰えた方、身体に障がいのある方は、健常な方より口の中の疾患も進行しやすくなります。

歯磨きが上手くできず口の中に食べかすや口腔粘膜の汚れがたまり、さらに口の周りの筋肉が衰えて食事が思うようにとれず栄養不足となり、ますます筋力が衰えていきます。

このように口の中のトラブルで健康状態がますます悪化するという悪循環に陥りやすくなります。

筋力の衰えている方が上を向いて寝ていると唾液をうまく飲み込めません。口の中に残った汚れが唾液と共に気管の中に流れ込み肺炎を起こします。これを誤嚥性肺炎といいます。

肺炎は、日本人の死因の第3位で、脳血管疾患を抜きました。脳出血・脳梗塞を起こしても命が助かる確率が増えましたが、その反面、後遺症が残って口の中の環境が悪化し誤嚥性肺炎を起こす方が増えています。

日常生活に支障をきたすようになった方の「楽しみ」の一つに「食」があります。それをきちんとサポートする事も歯科医師の大切な役割です。

柏歯科医師会では歯科介護支援センターを設置し、通院困難者への訪問歯科診療を行っています。該当する方がおりましたらお気軽にご連絡ください。(TEL04~7162~6480)

柏歯科医師会 横山
「東葛まいにち」2013年5月29日号掲載




                                                  

2013年05月29日 在宅訪問歯科診療 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: かむかむ図書館

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。