8020運動とは



8020運動とは

1989年、当時の厚生省と日本歯科医師会が推進したのが8020(ハチマルニイマル)運動です。これは「80歳まで20本の歯を残そう」というスローガンを掲げて展開している運動です。

20本以上の歯があれば食生活はほぼ満足できるといわれています。これを基に、生涯自分の歯でおいしく食べる楽しみを味わえるように、政治と現場の歯科医師が活動しています。

運動開始当初、その達成率は7%程度でしたが、05年厚労省の調査によると21・1%(80~84歳)と着実に伸びてきています。

また、国民の健康増進の長期計画「健康日本21」(厚労省)では中間目標を達成率20㌫に設定していましたが、07年の報告では25%を達成しました。
日本歯科医師会では達成率50%に次の目標をおき「健康長寿の社会」の実現を目指しています。

達成者は生活の質を良好に保ち、社会活動意欲があるとの調査結果や、残っている歯の本数が多いほど、寿命が長いという調査結果も出ています。
仮に8020を達成できなくとも、きちんとかめる義歯やインプラントなどを入れ、口の中の状態を良好に保つ事で20本の歯でかんでいるのと同じ効果が得られます。

歯を失う最も多くの原因は歯周病です。80歳まで20本の歯を残すためには、定期的にかかりつけ歯科医院で健診を受け、むし歯や歯周病の早期発見・治療をする事と同時に、予防についてもきちんと行う事が非常に大切となります。

(柏歯科医師会天野)
「東葛まいにち」2012年6月13日号掲載


                                                  

2012年06月12日 8020運動とは はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: かむかむ図書館

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。