動物画家・絵本作家「薮内正幸原画展」



動物画家・絵本作家「薮内正幸原画展」

smoll_web

流山市立森の図書館では子ども読書週間にちなんで、動物画家・絵本作家・薮内正幸氏(1940‐2000年)が描いた動物の原画の展示と「薮内正幸美術館」館長・薮内竜太氏による講演会が開催される。

 

 

 

絵を習ったことはないが、子どもの頃から生き物が好きで絵を描き続けた。結果、動物画家の道に進んだという薮内正幸氏。毛1本1本が動物への温かい眼差しで描かれている作品。 山梨県北杜市にある同美術館は薮内正幸が描いた原画を管理、収蔵、展示する施設として2004年に開館。日本では唯一、動物画専門の美術館。絵本や図鑑の挿絵などをテーマに合わせて半期ごとに作品を入れ替え展示している。また、環境や食の問題、命の捉え方など生き物に興味を持つきっかけとなる場所となれるよう、動物園や博物館に近い視点での展示をしている。

【薮内正幸の原画展】

4月10日~19日9時30分~17時(月曜休館、最終日16時まで)。 【講演会 薮内正幸とその絵の魅力】

19日13時30分~15時30分。講師は薮内竜太館長。定員70人。4月2日9時30分から電話か、来館で申し込みを。

問い合わせTEL:04~7152~3200同図書館高橋さん。


                                                  

2014年03月25日 動物画家・絵本作家「薮内正幸原画展」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 東葛ニュース 流山

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。