和紙を使った照明がずらり★…流山あかり館『彩』



和紙を使った照明がずらり★…流山あかり館『彩』

 モダンな雰囲気が漂う店内流鉄流山線の流山駅から徒歩5分の所に、和紙を使った照明器具を扱う店「流山あかり館 彩(いろどり)」がある。


 築80年の乾物屋を改築したレトロな店内には、美濃和紙をはじめ国内外の和紙を使った照明が並ぶ。大きさ、形、色などデザインもさまざまなこれらの製品は、すべて岐阜県の工房で手作り。好きな和紙とデザインを選んで注文すると、10日ほどでオーダーメード品ができあがる。もちろん店内の商品も購入できる。普段の手入れは、はたきがけや固く絞った布でふくだけで大丈夫とのこと。さらに汚れれば、張り替えもできるという。
 ショールームを兼ねた店内には、和紙でできたレターセットや豆本などの雑貨も並ぶ。「写経セット」が意外と人気なのだとか。変わったところでは和紙と綿で作った靴下もある。独特のはき心地が好評で、洗濯機で洗うこともできる。
 3年ほど前、岐阜県美濃市のあかり館1号店に訪れた流山市役所の職員に勧められたのが出店のきっかけ。岐阜から単身で流山へ移ってきた店長の中村真子さん(34)は「流山の歴史や雰囲気が好きな方がたくさんいて、地元愛の強さを感じました。いいところがたくさんあるので、もっと大勢の方に知っていただきたいですね」とさわやかな笑顔で話してくれた。
 「流山本町」と呼ばれるこの界隈は、流山市が活性化を図っており、流山街道と江戸川の間を通る旧街道沿いには、古民家を活用したギャラリー、レストラン、ベーカリーカフェが点在する。
 駐車場あり。営業時間=10時~19時。定休日=月・火・年末年始。☎04~7150~3131。


                                                  

2014年04月30日 和紙を使った照明がずらり★…流山あかり館『彩』 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 東葛ニュース 流山

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。