オープンフォレストin松戸



オープンフォレストin松戸

OF2013 sankichi  6 森の観察(立切の森) 普段入ることのできない里やまボランティアが活動する民有林を一般公開するイベント、「第3回オープンフォレストin松戸」が5月17日~25日、市内15カ所の森で開催される。

 参加費無料(個別に行う一部のツアーでは有料)。期間中、森では、里やま作業体験、自然観察、探検、ハンモックやロープ遊び、竹細工体験などができる。(森によっては公開日と参加できる内容が異なるので確認を)。
 2002年ごろから、松戸市市民団体が主体となり、山林所有者の会、行政、中間支援組織等との協働のもと、樹林地保全活動の担い手づくりと活動団体のネットワーク化を進めてきた。その成果、14の保全活動団体、17カ所の活動フィールドを数えるまでになった。
 これを期に、活動の場を公開し、活動をより多くの人に伝え、身近な緑の大切さに目を向け、減少し続ける都市樹林の保全を参加者と一緒に考える機会として、昨年に引き続き開かれる。

『イベント内容』
■森の文化祭
21世紀の森と広場パークセンターで17日~25日10時~15時(19日休館日)。里やまボランティア団体などの活動紹介や森の工作展。
●17日13時~14時30分(雨天中止)、センター前でオープニングイベント、屋外展示、草笛や竹工作体験など。
■みどり再発見ツアー
「芋の作の森」「しんやまの森」=18日、9時30分に新京成線八柱駅集合。しんやまの森~芋の作の森~21世紀の森と広場。参加費300円。
■森のご案内
「三吉の森」「立切の森」=18日、10時に新京成線常盤平駅集合。祖光院、金ケ作自然公園を経て森へ。参加費無料。
■自然観察会
「関さんの森」「溜ノ上の森」=21日、10時にJR常磐線各停新松戸駅集合。幸谷観音~関さんの森~溜ノ上の森。参加費200円。
■森めぐりツアー
「河原塚古墳の森」「紙敷石みやの森」=24日、9時30分にJR武蔵野線東松戸駅集合。河原塚古墳の森~紙敷石みやの森~わんぱくの森。参加費無料。弁当持参。
■そのほか、各森の公開日とできることは表を参考に。
 問い合わせ☎・FAX047~385~8321同実行委員会山下さん。


                                                  

2014年04月30日 オープンフォレストin松戸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。