男・女アベック全国キップ 『夢叶った』流山ハンドボールクラブ



男・女アベック全国キップ 『夢叶った』流山ハンドボールクラブ

web_hando 創部6年目の「流山ハンドボールクラブ」は、6月に行われた「県小学生ハンドボール大会」で男女アベック優勝を果たし、8月1日(競技開始)から京都市で開催される「東日本大震災復興支援第27回全国小学生ハンドボール大会『とどけよう スポーツの力を東北へ!』」に出場する。

2008年に年数回、ハンドボール教室を開いたのをきっかけに、徐々に興味を持つ子が増え次の年、クラブとして活動を始めた。だが、当時は6年生が一人もいない状態の中、5年生数名が他のチームに混ざり大会に出ていた。その後、徐々に力をつけ11年の県大会では男子が3位に入賞し、12年には初優勝を成し遂げ、女子が準優勝に輝いた。 さらに創部5年目にして、男子が関東大会で初優勝を果たし、6年目の今年は女子が初優勝、男子が3年連続の優勝という成績を収めることができ、創部6年目で目標としていた男女共に全国大会へのキップを手にした。

高橋鉄監督は「子ども達は全国大会出場という明確な課題に向かって努力し、目標を達成した。その結果、1年前とは全く違うチームに大変身した。関東大会、全国大会と続くが、また自分を磨いて欲しいと思う」と語った。

渡部諒キャプテンは「僕達は、背が低いけど去年よりたくさん遠征をし、経験を積み、力をつけました。そこで得たチームワークを生かし、試合ではみんなで声を出し、集中して挑みたいです」意気込みを話した。山口恵里キャプテンは「今年は、念願の男女アベック出場を果たしました。小学校も地域もバラバラの中たくさんの練習試合を行ってきました。一つでも多く勝ち進んでいきたいです」とキッパリ、笑顔を見せた。


                                                  

2014年07月29日 男・女アベック全国キップ 『夢叶った』流山ハンドボールクラブ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 東葛ニュース 流山

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。