けやき県民講座 受講生募集 「賢い検診の受け方」



けやき県民講座 受講生募集 「賢い検診の受け方」

人生をステップアップさせる県民講座(イメージ)

『過ぎたるは及ばざるがごとし』というコトワザがあります。それは、良いと思ってやっていることが過度になれば害になる、あるいは悪い結果となって自分に跳ね返って来るということにも似ています。物事には何事につけても、程ほどが肝心です。

医療における検診も、同じ状況が起きているかも知れません。
不安に思う人は、ちょっとしたことでも受診し、それで何事もなければ一旦安心はするものの、その診察を疑って他の医療機関で再び同じ検査を受けたり、一定の期間を置かずに再検診を受ける傾向もあります。
比較的、高齢者がそうなりがちなのは、単に神経質的な傾向があるというだけでなく、日々時間に余裕があり、他に心配することが少ないなどの状況に、結果として「気になる」のかもしれません。
自分の健康に気を配ることは決して悪い事ではありません。でも、行き過ぎると、逆に体を痛めてしまいます。
例えば必要のない薬の飲み過ぎ、複数の薬の飲み合わせ、副作用の心配。また、受診料や薬代が増えて、家計の負担になったりすることもあります。

少し大きくとらえれば、社会的な弊害さえ起きてしまい、国民健康保険の無駄遣いとなりかねません。
そのしわ寄せはやがて国民一人一人への負担となって、他ならぬあなたや、子ども、孫の世代まで及ぶ悪影響となってくるかもしれません。
今は情報化社会ですから、少し配慮すれば、病気に対する情報をたくさん得ることができます。必要か、不必要か、見極める知恵を付け、無駄な受診によって、自分の体を痛めたり、貴重な時間やお金を失うことが無いようにしたいものです。
そうした意味で、今回開催される県民講座「賢い検診の受け方」は、その事を知る良い機会となっています。あなたのこれまでの受診を見直し、これからの検診に備える良い知識を得られることでしょう。
講師の谷口先生からは、「無駄な検診を避け、自分に合った検診を受けましょう」とのメッセージをいただきました。ぜひ講座に参加されることをおすすめします。

◆賢い検診の受け方
講師 生涯医療ネットワーク代表 谷口義則さん
開催日時 6月19日㈬13時30分~15時30分
開催場所 我孫子けやきプラザ 9階ホール
●申し込み
☎04・7165・2886
千葉県福祉ふれあいプラザ
FAX04・7165・2882
(先着順 100名まで)


                                                  

タグ

2019年05月29日 けやき県民講座 受講生募集 「賢い検診の受け方」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 我孫子 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。