未来を担う、新しい力たち



未来を担う、新しい力たち

左から井出選手、鵜木選手、細谷選手

J1リーグ復帰への戦いを続ける柏レイソルに、育成組織柏レイソルアカデミーよりDF井出敬大選手、FW鵜木郁哉選手、FW細谷真大選手の3人が来季トップ昇格することが決まった。

柏U-18所属の3選手はいずれも第2種登録選手として、すでにトップチーム帯同を経験しているほか、今夏には揃ってU-18日本代表への選出を受けるなど、着々とステップアップしている。

井出選手は柏市出身の左利きのCBで、勇敢な守備とリーダーシップ、非凡な技術を持つ。レイソルは、これまでもアカデミーから古賀太陽選手、杉井颯選手、中山雄太選手(PECズヴォレ)など優れた左足を持つ選手を輩出している。DFでありながらMF的な素養に秀でた先駆者たちよりも、井出選手は守備意識や高さ・強さに秀でたCBらしい選手といえるだろう。

「今はヘディングの強さやボールを奪う能力をもっと高めたいです。いつか素晴らしいアカデミーの先輩たちと比較をされることもあるかもしれないですが、自分はまだまだその段階にいない。自分の能力をさらに高めて、いつか皆さんに認めてもらえる選手になりたいです」

左サイドを主戦場とするアタッカーの鵜木選手は卓越したドリブルスキルを持つが、現在の最大の武器は「状況判断」と「周囲の能力を引き出す力」ー。エゴを捨てて、MFやSB、あるいはFWを快適にプレーさせるポジショニングが光る。味方のために走り、スペースを作り、精度の高い右足で攻撃を彩る。FWでありながら、プレーそのものの重心は中盤にある選手。

「今までアカデミーでは周りを活かしてプレーをすることを学んできましたが、トップでは攻守においての1対1を学んでいます。それは今後の自分にとっても、すごく大事なことだと思うので、本当に良い経験になっていますけど…でも、やっぱり、ドリブルをしたいですね」

一方、細谷選手の特長はゴールを生み出す能力だと言える。既にトップチーム公式戦でインパクトを残しているように、恵まれた体を活かして最前線で果敢なアタックからゴールへ迫るFWらしい選手だ。オルンガ選手やクリスティアーノ選手、江坂任選手ら名手たちがひしめく攻撃陣に新風を吹き込んでいる。

「自分は相手DFの背後へ飛び出していく選手。DFの裏のスペースへ抜け出して、ボールを受けたら、ドリブルを仕掛けてシュート。そんなプレーが自分の理想ですが、監督やチームが求めるプレーをしっかりと表現することも大切なことです。それができる選手なら、キャリアも国籍も関係ないはず。だから緊張感を持って、力をつけていきたいです」

三者三様の魅力を持った「新しい力」たちー。スタジアムの歓喜の中心に彼らがいる、そんな日を心待ちに成長を見守っていきたい。

(写真・文=神宮克典)


                                                  

2019年10月30日 未来を担う、新しい力たち はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: がんばれ!柏レイソル 東葛ニュース 柏レイソル 連載記事

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。