念願の第1号弁財天像の除幕「柏七福神入魂式」



念願の第1号弁財天像の除幕「柏七福神入魂式」

念願かなった除幕式

念願かなった除幕式

「街づくり柏七福神の会」(濱田秀雄代表)が幸町弁財天(柏4丁目62―4)に設置した弁財天像の除幕式が3月30日に行われた。

満開のしだれ桜の下、諏訪神社の友野俊政宮司による神事がおごそかに行われ、弁天像にかかっていた白布が濵田代表はじめ伊藤恭一柏市観光協会会長ら来賓の手によって取り除かれた。

その後、「庶民の神様なので皆さんでお祝いしてください」との濵田会長の言葉に、関係者らに続いて来場者も玉串を奉納した。

濵田代表は「第1号の設立まで4年と3カ月の時間を費やした。多くの方の協力でここまで来られた」とあいさつ。感極まった様子で涙ぐみ言葉を詰まらせた。さらに「柏の街を大きく発展させていきたい」と、まだ神像の設置が決まっていない4カ所への協力を呼び掛けていた。

5月には香取神社(旭町2丁目)に2柱目の神像が設置される予定。



 


                                                  

2013年04月24日 念願の第1号弁財天像の除幕「柏七福神入魂式」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ:

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。