柏市の食材を使ったソフトクリーム第3弾は〝梨ソフト〟 道の駅しょうなんレストランで販売



柏市の食材を使ったソフトクリーム第3弾は〝梨ソフト〟 道の駅しょうなんレストランで販売

ソフトクリームを手にする森脇さん(中央)と杉野さん(後列左から2番目)、鹿間さん(同3番目)

ソフトクリームを手にする森脇さん(中央)と杉野さん(後列左から2番目)、鹿間さん(同3番目)

イチゴ、ブルーベリーに続いて第3弾となる柏市で採れた梨を使った「梨ソフトクリーム」(350円)が「道の駅しょうなん」内のレストランヴィアッヂオで、2014年1月31日まで販売されている。

協同開発者は「フードコミュニケーションスタジオちいさなとびら」の森脇菜採さん。梨の提供者「すぎのファーム」の杉野幸子さんは「梨農家に嫁いで30年間、廃棄梨をどうにかして加工したいとずっと思っていました」うれしそうに話した。

ソフトクリームsmall梨ソフト作りにかかわった同レストランの鹿間憲一さんは「梨の香りを残すのに果肉だけでなく、皮も入れることで風味をうまく出すことができた」と苦労話を語った。開発には3ヵ月ほどかかったが、香料や着色料を一切使わずに仕上げたこだわりの一品となった。

柏の特産品を使用したソフトクリームは、寒い時期だが、梨ソフトを食べた人からの評判は上々。梨のチップとジャムは商品化され「道の駅しょうなん」と「かしわで」で販売している。

問い合わせTEL04~7192~3277レストランヴィアッヂオ。



 


                                                  

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する