柏で出初め式〝サイ害ゼロ〟を目指して



柏で出初め式〝サイ害ゼロ〟を目指して

saiたすきをかけ、啓発活動に意欲的なさかサイ君

新春恒例の柏市消防出初式が1月12日、モラージュ柏隔地駐車場(柏市松ヶ崎93-1)で開かれた。今年は、「災(サイ)害ゼロ柏」を目指そうと、柏市逆井商店街のゆるキャラさかサイ君が消防局の啓発キャラクターに任命、委嘱状が交付された。さかサイ君は1年間、イベントなどに参加して火災などの災害への安全対策などを呼び掛ける。


式典に続いて松ヶ崎幼稚園児による演技や若鷲会による梯子乗り、松葉中学校、市立柏高等学校の吹奏楽部演奏なども行われ、会場は大きな拍手に包まれた。

秋山浩保柏市長は「昨年成立した地域防災力の充実強化に関する法律にもあるように、地域防災力の充実の為に消防団は不可欠。地域の家族、職場も一体となり消防団を支援していくことにより柏市の安心、安全につながることと思う」とあいさつ。

続いて小田山博史消防団長が「昨年は福岡での病院火災、福知山の露店火災などの人災、また近隣野田市では竜巻の被害などの自然災害も発生し消防団員への期待も高まっている。災害から市民の生命・財産を守ることができるよう消防団の防災能力の向上を図っていきたい」と述べた。

見学に来ていた男の子は「消防士がはしごの上から降りてくるのがすごかった」と目をキラキラさせ、市内在住の60代男性も「今年初めて見に来たがこんなに大規模な式とは思わなかった。来年は家族で見に来たい」と話した。


                                                  

2014年01月29日 柏で出初め式〝サイ害ゼロ〟を目指して はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。