柏から新チャンピオン誕生 バンタム級王者・岩佐亮佑プロ(22)



柏から新チャンピオン誕生 バンタム級王者・岩佐亮佑プロ(22)

世界の王者を目指す岩佐プロ

セレスジム所属の岩佐亮佑さん(22・柏市在住)が昨年11月18日に東京・後楽園ホールで行われた日本バンタム級王者決定戦でゼロフィット・ジェロッピ端山(千里馬神戸ジム)を3―0の判定勝ちで下し、王座獲得に成功。柏市から新チャンピオンが誕生した。

勝者として自分の名前が呼ばれた時、うれしさ半分だったという。プレッシャーのためか体が思うように動かず、練習してきたことが出し切れなかった。不本意ながらもチャンピオンベルトを巻かれた時は「勝ってよかった!」と感じたという。「勝たなきゃ何も無いですから。本当にほっとしました」と岩佐さん。

「強さ」に憧れ、小学2年生から空手を始めたが、次第にスポーツ空手に物足りなさを感じるように。中学2年生の時、元WBA世界スーパーフライ級王者のセレス小林さんが柏市柏にボクシングジムを開いたことを知り、通い始めた。

殴っても殴られても痛い。筋肉痛にも悩まされた。始めは予想以上の厳しさに半泣き状態だったという。それでも本気で闘うボクシングの魅力にはまり、大津ヶ丘中学からアマチュアボクシングの名門・習志野高校に進学。3年時にバンタム級で全国選抜大会、高校総体、国体少年の3冠を達成した。高校卒業後はB級プロテストに一発合格、18歳の夏に5R・TKO勝ちでプロデビューを飾っている。

身長170cmのサウスポー。普段の体重は63kgだが、試合1カ月前から減量を始め、制限ギリギリの53・5kgまで落とす。「大変だけど精神的に我慢できればOK。自分との戦いに勝って、本番は相手との戦いですね」と、さわやかに笑う。

 「とにかく負けん気が強い。動体視力のよさなど天性の才能もあったと思うが、すごく努力もする子だね」と小林会長。「若いしこれからまだまだ伸びる、楽しみの部分が多い選手。励みになるので応援してやってほしい」と顔をほころばせた。

次の目標はもちろん「世界」。世界チャンピオンへの挑戦権が得られる世界ランキング15位以内を目指す。

初めての日本王者防衛戦は3月3日に後楽園ホールで開催される。さらなる活躍に期待したい。


                                                  

タグ

2012年01月04日 柏から新チャンピオン誕生 バンタム級王者・岩佐亮佑プロ(22) はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ:

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。