全国初 松戸市市民参加型防犯ネットワークカメラ事業 1号機を北部幼稚園に設置



全国初 松戸市市民参加型防犯ネットワークカメラ事業 1号機を北部幼稚園に設置

左から、松戸市防犯協会連合会恩田忠治会長、松戸警察浜口道夫署長、本郷谷市長、松戸東警察田中伸弘署長

左から、松戸市防犯協会連合会恩田忠治会長、松戸警察浜口道夫署長、本郷谷市長、松戸東警察田中伸弘署長

「松戸市市民参加型街頭防犯ネットワークカメラ事業」の協定書調印式と第1号機設置セレモニーが2013年12月20日、学校法人いわはま学園北部幼稚園で行われた。

以前から「街に防犯カメラがあったらいいね」と言う市民からの要望が多かったことで、各種団体や市民の協力と努力が実り、全国で初となる市民参加型の防犯カメラの設置が実現したもの。現在1000台の募集枠に対して400件の応募があり、本郷谷健次松戸市長は、「市民、子ども、高齢者を守ろう」と市民参加型のこの活動に期待を寄せている。

1号機のカメラは、同北部幼稚園入口に設置された。松戸市では既に、街頭防犯カメラを116台設置しており、実際に常習ひったくり犯を捕まえる事ができ、成果を上げている。

防犯カメラ設置についての問い合わせはTEL047~366~7285松戸市役所・市民安全課、高橋さん、今野さん、吉澤さんまで。


                                                  

2013年12月25日 全国初 松戸市市民参加型防犯ネットワークカメラ事業 1号機を北部幼稚園に設置 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。