バスツアーの悲劇



バスツアーの悲劇

生きた心地がしなかった日帰りイチゴ狩りバスツアー。柏税務署前を7時30分に出発して、柏インターから常磐道に乗ってしばらくすると渋滞にガイドさんの「今日はあちこちの高速で事故渋滞ができています」とアナウンス

◆それと同じくして腹痛が…当然、首都高速に乗る前にトイレタイムはあるものと思っていたので我慢。が、一向に止まる気配がない。渋滞を避けようと回り道したらしが、そこも渋滞。にっちもさっちもいかずただダラダラ進むだけ

◆もちろん腹痛は治まらず、酷くなるばかり「トイレに行きたい」。乗って1時間過ぎたころ、どうしても我慢ができずガイドさんに「お腹が痛くてトイレに行きたいのですが」と哀願しても「港北PAまで行かないと無理」と

◆「もうだめです」と言っても、聞き入れてはもらえずジッと我慢の子。柏を出発して一度もトイレタイムはない。これってありえない

◆何度も限界を感じながら「我慢できなかったらどうなるか。死にそうだ」と頭の中がもうろうと、そして約3時間後、やっとサービスエリアに。「よく我慢した」と自分を褒めた

◆一度の休憩もないとは…途中で高速を降りるなりの対処はできたと思うが。二度とバスはごめんだ。

「東葛まいにち」2013年5月29日号掲載




                                                  

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する