一般の人でも入れる「今どきの学食」



一般の人でも入れる「今どきの学食」

学食トップ

社員食堂や学生食堂(学食)がちょっとしたブームになっている。そこで本紙エリア内で学生以外の人も利用できる大学の学食を取材した。

今時の学食は明るくきれい、メニューの種類も豊富で味もなかなかのもの。学生の健康に配慮し、食材や献立にこだわったり、メニュー表にカロリーを表示したりといった工夫もみられる。しかもほとんどの料理が500円以内と財布に優しいのもうれしい限りだ。博物館や図書館を開放している大学もあるので、学食と共に訪れてみたい。

学食は基本的には学生と教職員のためのもの。利用の際には、昼食の混雑のピーク(12時~13時ごろ)を避けるなど学生の利用に支障のないようにしてほしい。学校によっては利用に条件がつく所や学生優先タイムを設けている所もある。また、車で来校できない大学も多いので公共の交通機関を利用しよう。

松戸

流通経済大学 新松戸キャンパス-駅から近く、おしゃれなカフェスタイル

駅や大型スーパーから近く、気軽に立ち寄れるのがうれしい。窓からの眺めがよく解放感がある。晴れた日は外のテラスで食べるのも気持ちがいい。

【GINZA SUEHIRO】(3F)
日替わりランチ、お魚定食、丼物、日替わりパスタ、カレー、和麺、流経らーめんなど。
「カルボナーラ温泉玉子添え」(380円=写真左)は、日替わりパスタの中でも一番人気のメニューだ。独自レシピのパスタソースは、学食とは思えない本格派。

写真右は、日替わりランチの「チキンソテーバーベキューソース」(420円)。

スエヒロ
営業時間=月~金11時~18時。土11時~15時。※12時~13時は学生優先タイム。
大学が長期休暇の時は休業。
http://www.rku.ac.jp/daigaku/smc_map02.html

【RKU Cafe】(2F) 
コブサラダプレート焼きたてパンやケーキなどが食べられるカフェ。
焼きたてパンは特に人気で昼過ぎには売り切れてしまうとか。種類が多く、値段が安いのが魅力。シェフの気まぐれサラダにフォッカチャが付いた数量限定「コブサラダプレート」(300円、11時30分から販売)やケーキセット300円、100円前後のデザートもある。
▼営業時間=月~金9時~18時。土11時~15時。
大学が長期休暇中は土曜日と同じ営業時間。
http://www.rku.ac.jp/daigaku/smc/rkucafe.html

TEL047-340-0001(代)
▼住所=松戸市新松戸3―2―1
▼アクセス=JR新松戸駅から徒歩4分

麗澤大学-本格的なフォーとカレーが人気

れいたくカフェ
大学内のReitaku Student Plaza「はなみずき」内にあるカフェ 。
ピザの生地やフォーのスープなど、料理はほとんどが手作り。次々に新メニューを模索して、常に変化を出している。
一押しは、タイ語の先生もほめるほどおいしい「トムヤム豚シャブフォー」(600円=写真左)。「グリーンカレー、れいたくカレー=写真右、イエローカレー、キーマカレー」(各600円)はいつも人気だ。
れいたくカレーとフォー

石窯の中の具材を各自が混ぜ合わせて、熱々を食べる「ナシゴレン(焼飯)」と「ミーゴレン(焼麺)」は、夏でも好んで注文する学生が多いとか。最近、味噌・塩ラーメンもメニューに登場。

▼営業時間=11時~14時/コーヒータイム14時~17時/ディナータイム17時~22時。日曜定休。
TEL04~7192~6833

【カフェテリア「さくら】 
キャンパス内、中央広場の四季折々の自然を眺めながら食事ができる。「週替わりカレー」「さくらプレート」(写真)、サラダとみそ汁が付いた「エビピラフ」「チキンピラフ」は各500円。「日替わりどんぶり480円」「各種そば・うどん350円」など。
さくらプレート膳

▼営業時間=11時30分~14時。不定休。
TEL04~7173~3592

▼住所=柏市光ヶ丘2-1-1
▼アクセス=南柏駅東口から徒歩13分。東武バス1番 乗り場から麗澤大学前下車。


東京大学 柏キャンパス

留学生が多く、インターナショナルな雰囲気が味わえる。今回紹介した食堂のほか、東大のお土産や文具を売っている「生協カフェ」や一品料理、麺類、丼物を出す「カフェテリア」もある。

【プラザ憩い】
憩い
1グラム1.2円の「グラム・デリ」(金曜日は1円)というバイキングが人気。煮物や焼き物などの温かい料理(写真右)と、サラダやデザートなど冷たい料理が各10種あり、毎日メニューが変わる。ベジタリアンのために肉類を使わない料理も用意されている。
ドリンクバーは食事とセットなら100円(単品は200円)。このほか、焼きたてパン、日替わりランチ、丼物、うどん・そば(火・木)、ラーメン(月・水・金)などもある。

▼営業時間=
グラム・デリ:月~金11時30分~20時、土11時30分~14時
焼きたてパン・ドリンクバー:月~金9時~20時、土曜日は14時まで。
グラム・デリ以外の食事:[ランチタイム]月~金11時30分~14時/[ディナータイム]月~金17時~20時。
日・祝日、お盆、年末年始は休業。

【お魚倶楽部 はま】 
お魚倶楽部P1010575本格的な寿司をリーズナブルに食べられる。おすすめは日替わりの「1コインランチ500円」。毎朝、鮮度のいいネタを仕入れているので何が出るかはお楽しみ。

中でも「本マグロの中トロ丼」(写真)は大人気で売り切れてしまうこともあるとか。100円ビールや地酒も楽しめる。夜は全国から仕入れた地魚も提供。珍しい魚が食べられるかも?
ツイッター(@hamaosakana)で日替わりメニューなどを紹介している。

▼営業時間=月~金11時30分~15時/17時~21時30f分
土11時30分~14時/17時~20時
日・祝日、お盆、年末年始は休業

TEL04-7136-3200(代)
▼柏市柏の葉5-1-5
▼アクセス=TX柏の葉キャンパス駅から東京大学行きのバスがある。またはJR柏駅西口から国立がんセンター行きバス。柏の葉公園経由は「東大前」、税関研修所経由は「国立がんセンター」下車。


日本橋学館大学-女性にうれしい! ご飯のサイズが選べる

【学生食堂ひだまりサロン】
日本橋学館
定食(味噌汁付き300円)、丼物またはパスタ350円、カレー350円、麺類(かけうどん・そば、ラーメン)があり、かけうどん・そば以外は毎日メニューが変わる。定食のご飯は別売りで大・中・小とサイズを選べるのがうれしい。そのほか、サラダやデザートなどの単品メニューや麺類のトッピングもあり、アレンジできる。

写真左は、定食の「鶏肉のから揚げ黒酢あん」。しっかりした味でご飯がすすむ。
写真右は、丼物メニューの「エビピラフ コロッケ付き」。大きなエビがゴロゴロ。野菜もついてバランスのいい一品。

▼営業時間=月~金:食堂11時~13時30分/売店:8時30分~16時30分
TEL04-7167-8655(代)
▼住所=柏市柏1225-6
▼アクセス=JR柏駅東口4番バス乗り場から阪東バス
「戸張」行き乗車。「柏学園前」下車徒歩3分。
http://www.nihonbashi.ac.jp/life/gakusyoku.php

我孫子

中央学院大学-喫茶・中華・カフェの3店に満腹メニューが並ぶ

学生会館の中に3つの食堂がある。男子学生が7割というだけあって、ガッツリ系のメニューが充実。とりわけ鶏の唐揚げが人気だとか。

【バロン(喫茶)】
「ポークしゃぶしゃぶスパゲッティ」(440円)、通称〝しゃぶスパ〟は、卒業してからも食べにくるほど学生に長く愛されている名物メニュー。スパゲッティの上に千切りキャベツと柔らかいしゃぶしゃぶ肉をトッピング。ピリ辛の醤油だれか甘口のごまだれが選べ、プラス100円でドリンクをつけられる。
TEL04-7183-3096
中央学院大DSCN1555

【華和(中華)】 
ラーメン、そば、うどん、丼物など。おすすめは半ラーメン、ごはん、日替わりおかずがセットになった「ラーメン定食」(470円)。ラーメンは、しょう油、味噌、とんこつ味から選べる。写真は、味噌ラーメンとジャンボロースとんかつのセット。半ライスは50円引き。女性の手の平ほどもある唐揚げ(100円)はテイクアウトもできる。
TEL04-7184-9990
華和DSCN1559

【enak―enak(エナエナ)】 
カフェテリア風の食堂。定食、カレー、ラーメンのほかにロコモコもある。いずれもスープ(定食はスープかドリンク)、味噌汁つきで280円~450円。
写真はミニカレー付き冷やし中華。季節メニューで、ほかに冷やし麻辣麺、冷やしジャージャー麺のバリエーションがある(日によって異なる)。
TEL04-7184-7573
エナエナ ミニカレー付き冷やし中華

▼営業時間=月~金10時30分~14時30分
▼住所=孫子市久寺家451
▼アクセス=JR我孫子駅北口から無料スクールバスで約5分

流山

江戸川大学-ボリュームのある品揃え

【学生食堂】 
日替わりの定食、丼物セット、麺類など。変わったところでは、とき卵を流し込んだ熱々の鉄板にケチャップで炒めたスパゲッティが盛られている名古屋名物「鉄板ナポリタン」(400円=写真左)が食べられる。
女子学生に人気があるのは「ふわふわオムライス390円=写真右」。見た目よりはあっさり目の味付けだが、かなりのボリューム。
江戸川大学
▼営業時間=月~金11時~17時/定食類は13時30分で終了。
TEL04-7152-0661(代)
▼住所=流山市駒木474
▼アクセス=TX流山おおたかの森駅からスクールバス。または東武野田線・豊四季駅下車徒歩約12分。

野田

東京理科大学 野田キャンパス-一般の利用者も多く、メニューも豊富

【カナル会館食堂】 
理科大
ガラス張りで明るく、広々とした食堂。利根運河のウオーキングの途中で立ち寄る人も多いという。日替わりの定食、丼物、セットメニューは3週間のサイクルで一巡。カレーやうどん、そば、ラーメンも食べられる。
学生に人気なのは「タコライスのセット」390円、「鶏ささ身天丼」(390円=写真左)、ソースを3種類から選べる「手ごねハンバーグ定食」(440円)。

木・金曜日のみ1日20食限定の「バランス定食」(写真右)は、十五穀雑穀米(白米に変更も可)におかず2品、サラダ、スープが付いて500円。メニューは毎週変わり、「豆知識」と共に紹介されている。
ホームページにメニューを掲載するほか、ツイッター(@tus_nd_shokudo)でも情報を発信。

▼営業時間=1階は日・祝祭日休業。2階は月~金9時30分~14時、土・日・祝祭日は休業。春休み、夏休みは16時まで。お盆と年末年始は休業。
TEL04-7125-2431
▼住所=野田市山崎2641
▼アクセス=東武野田線運河駅下車徒歩5分
http://www.shin-a-service.com

市川

和洋女子大学 眺望絶景ラウンジはメニューも充実

和洋スカイツリーキャンパス東館の18F、富士山やスカイツリーが一望でき明るく開放的、最高のロケーションの中で食べるランチは、味も見た目も最高。
【和洋18Fラウンジ】
「自分が納得しないものは出さない。食育も考えている」と言うフランスで修業を積んだシェフがこだわったランチの数々。

数量限定の「本日のスペシャルランチ400円」や「日替わりスパゲティ」(380円=写真左)は人気で売り切れることも度々。

定番のとんこつをベースに、1人前4個のホールトマトを使用するここだけのオリジナルトマトスープの「トマトラーメン」(400円=写真右)、オーダーが入ってから焼く、とろとろオムライス(好みに応じる)380円も学生に人気。女子の大好きなデザートは、手作り寒天の「白玉あんみつ250円」、「白玉クリームあんみつ350円」。コーヒー、紅茶100円。

和洋

★基本、ここを利用できるのは17Fの「和洋女子大学文化資料館」(無料)を見学した人に限られる。資料館にはキャンパス内の発掘調査で出土した遺物や埋蔵文化財、伝統の和洋学園が所蔵するドレスや打掛などが展示されている。
6月15日まで企画展「嫁入り―寿ぎのあつらえ―」を開催中。

▼営業時間=月~土13時~13時30分(L.O/14時~16時・喫茶)
TEL047-371-1473(広報課)
▼住所=市川市国府台2-3-1
▼アクセス=松戸駅西口から市川駅行きバスで和洋女子大前下車




                                                  

2013年05月29日 一般の人でも入れる「今どきの学食」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 松戸 流山 野田

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。