「頑張って」とは言えないけれど……



「頑張って」とは言えないけれど……

数カ月前、道で偶然息子の友達のお母さんに会った。買い物の帰りのようで袋一杯の野菜を重そうに持っていた。すごく痩せ細っていた

◆声を掛けようか迷っていたところ、彼女から話し掛けてきた。彼女曰く「6年前、胃を全部摘出。退院してからは、体力を付けるために一生懸命歩いて、食べるようにした」と。そして「昨年の12月、ホノルルを走ったの」とうれしそうに話した。私は「そうだったの。すごいじゃん」と言うのが精一杯だった

◆彼女はスポーツが好きで、エアロビ(今はズンバも)やランニングを毎日のように楽しんでいた。一人で海外へホームステイに行くことも度々。実行力のある彼女だった

◆元気な話し方以外、その面影はなかったが、スポーツクラブにも通い、買い物にも出掛け、気丈に振る舞っているようだった

◆その彼女に10日前、また会った。立ち話をして、別れ際に「元気そうでよかった」と言うと、「私は永くはないわよ」と、サングラスの奥の目が笑った

◆何にも返す言葉がなかった。私はその言葉がいつまでも頭から離れなかった。どうしても「頑張って」とは口に出せなかった。今もつらいだろうけど、以前は「もっとだったのだろうなあ」と、感じ取れる後ろ姿がそこにあったから。でも、〝負けるな!〟

「東葛まいにち」2013年6月26日号掲載


                                                  

2013年06月26日 「頑張って」とは言えないけれど…… はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。