[第67回東葛中学駅伝] 我孫子・白山中 優勝!~6年ぶり8回目



[第67回東葛中学駅伝] 我孫子・白山中 優勝!~6年ぶり8回目

hakusan

第67回東葛飾地方中学校駅伝競走大会(毎日新聞、県教育庁東葛飾教育事務所など主催。東葛飾地方各毎日新聞販売所、東葛毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社などの後援)が2013年10月19日、東葛地区6市(松戸、柏、我孫子、野田、流山、鎌ヶ谷)の公立中学70校が参加し、野田市総合公園陸上競技場から松戸市立中部小学校前までの10区間32キロコースで行われ、我孫子白山中が1時間41分21秒のタイムで6年ぶり8回目の優勝を成し遂げた。

準優勝は1時間42分で昨年22位の流山北部中。野田南部中は1時間42分03秒で3位。4位は昨年17位の鎌ヶ谷四中が44回大会以来、9位の柏・田中中は55回大会以来の入賞を手にした。5位は昨年6位の柏・西原中、6位に昨年9位の松戸・小金北中、7位は昨年13位の松戸六中、8位は我孫子・湖北中、10位に昨年33位の松戸四中が入った。

さらに、昨年と比較して42位の我孫子が16位、59位だった流山南部は18位、45位の柏・光ヶ丘19位、54位だった松戸・小金28位、41位の柏・松葉は31位、44位の我孫子・久寺家33位、47位の柏・富勢は36位、61位だった松戸・栗ヶ沢中39位と健闘。

55位の逆井も42位、65位だった我孫子・湖北台は43位、67位の松戸・河原塚は44位と頑張りを見せた。

準優勝=流山北部中

準優勝=流山北部中

 

3位=野田南部中

3位=野田南部中

大会結果(Excelファイル)


【レースの流れ】

どんよりとした曇り空で少し肌寒かったが、選手にとっては絶好の駅伝日和だったこの日、1区の中光捷選手はスタートの出だしもよく、良いペースで先頭集団の後ろに付き17位でたすきを渡した。

2区の西村駿輝選手が抜きつ抜かれつしたもののそのまま維持、3区は陸上部短距離走の3年生花谷宙樹選手が1500メートル付近から前に出て詰め寄り、12人ごぼう抜きして5位に浮上。5区の2年生丹波宏斗選手は一時、野田南部に抜かされたが2500メートル付近で2人抜き4位でたすきをつないだ。4、5人が同時だった6区は、いったん後退したが、再び抜き返した。

7区は、トップの野田南部に続き西原、鎌ヶ谷四、白山、小金北、流山北部はほとんど差がないダンゴ状態の中で荒川和輝部長は先頭に詰め寄った。4位でたすきを受けたアップダウンの激しい8区、大日向侑也選手は焦らずにゆっくりした走りを見せ、ラスト300メートルでスパート、一気に3人抜きして首位に躍り出た。

3人がほぼ同時だった9区、1年生の和田佑斗選手は、自分のペースを守り落ち着いた走りで1500メートル付近で再びトップに出た。1位のたすきをもらったアンカーの三宅優太選手は「絶対抜かれないぞ」と自分に言い聞かせ力走。2位に39秒差を付けてゴールのテープを切った。


◆白山中・樋口清和監督のコメント◆
今年はエースはいないが、キャプテンを中心に仲が良くてよくまとまったチーム。子ども達が頑張った。10人がよく走った。昨年度の冬から目標を決めていた。『優勝したいと思い続けて常に挑戦者で行こうよ』と言い、『いつも通り』と話していた。他の子ども達も一生懸命練習し、頑張る雰囲気は作ってきたのでみんなの頑張り。


◆白山中 選手の声◆

01区DSCN2606.r1区 中光 捷・2年
東葛駅伝は今年初めて。昨年の先輩達がいい結果を残してたので、周りの期待に応えられるように頑張ってきた。力が発揮できてうれしかった。優勝は信じられずびっくりした。


02区DSCN2609.r2区 西村 駿輝・2年
速報で8区で1位と聞いた時は信じられなかった。ゴールでアンカーを見た時はうれしかった。初めての東葛、2年生で優勝できてうれしい。来年は2連覇を目指したい。


03区DSCN2613.r3区 花谷 宙樹・3年
初めてなので、少し緊張したけど、いいレース展開ができた。クラスの人みんなに応援されていい走りができた。優勝は信じられない感じ。これで引退なので、最後の最後に良い形で終われて思い出に残る。


04区DSCN2623.r4区 清水 拓実・3年
東葛は初めて。途中から一人になったけど、ラスト400で応援がたくさんいてホッとして走れた。ゴールにいたので、三宅君が1位で走ってきた時はうれしかった。


05区DSCN2627.r5区 丹羽 宏斗・2年
初めてでとても緊張した。荒川先輩がやってくれると思っていたので、胸を借りようと良い位置についていればと頑張った。東葛駅伝の優勝メンバーに入れたことがとてもうれしかった。優勝はうれしいけど実感がわかなかった。


06区DSCN2629.r6区 齋藤 尚宏・3年
昨年は3区、2年の時は東葛、県、関東と良い思いをしたのに、3年になってけがが多く、全国にも行けなかった。辞めようかと悩んだこともあったけど、ここまでやってきてよかった。優勝、うれしいけど実感がわかなくて、ぼんやりした感じで喜んでいる。


07区DSCN2639.r7区 荒川 和輝・3年[部長]
監督に声を掛けられ、ラスト100メートルで流山北部を抜いて前に出た。息が切れてきつかったが次の区間はアップダウンが多いので少しでも楽にしてあげたいと頑張った。けがで9月中は走れず不安だったが、昨年3位の悔しさをバネにした。しっかり自分の仕事ができてうれしい。監督の指導は厳しかったけど信じてついてきて正解だった。


08区DSCN2644.r8区 大日向 侑也・3年
4位でたすきを受け取った。最初はゆっくり、ラスト300メートルでスパートをかけ、3人抜いた。実力通りに走れて優勝できたので今まで駅伝部でやって来てよかったと思った。


09区DSCN2651.r9区 和田 佑斗・1年
1、2、3位ほぼ同時に来た。監督の指示通り、1000メートルまでは自分のペースで走り、そこからあげていった。1500メートルで1位に。初めての出場で緊張したけど、アンカーに1位でたすきを渡すことだけ考えて走った。チームを引っ張ってきてくれた3年生に感謝です。


10区DSCN2657.r10区 三宅 優太・3年
昨年は補欠。まさかアンカーに選ばれるとは思わなかった。1位でたすきを受け取った時、「絶対抜かれないぞ」と思った。39秒差でゴールした時も優勝が信じられなかった。普段通りの力が出せて本当によかった。


◆監督の一言◆

【準優勝】流山北部中・五十嵐聡監督
65回大会17位、66回大会22位の成績だった流山北部は今、67回大会で準優勝に輝いた。1区40位と出遅れたが、2区の八重沢匠選手が快調な走りで17位に上がった。3区の田﨑隼斗選手が5人抜きし、4区で今村海太選手は8位に付けた。1人ずつかわし6位でたすきを受け取った9区の伊野正浩選手は3人を抜いてアンカーへ。10区の市橋康太選手が1人抜いて2位に浮上。1位と39秒差だった。五十嵐聡監督率いて2年目。10人のうちバスケ部から4人とサッカーから2人の助っ人から成るチームだった。五十嵐監督は「自分達で練習して自分達で作り上げたチーム。100%の走りができた。これが結果だと思う。生徒にとっていい思い出でしょう」と喜んだ。

【3位】野田南部中・松﨑秀昭監督
1区だんご状態の中7、8番で2区へ。南部中の前を通過する2区は、全校応援の中、バスケ部からの助っ人、山崎壮太朗選手が躍り出て、一時は首位に立ったが、追い付かれた。3、4区と一人ずつ抜き去り5区の佐野圭汰選手はラスト4、500メートルで再びトップに浮上。2位と30秒差でたすきを渡した。6区は部長・新村雄巳選手が自分の力を最大限に出す走りを見せ、2位に150メートル以上差を付けた。8区で2位に後退、10区ではヒタヒタッと追い付いてきた流山北部にかわされ、3秒差で3位だった。
今年の南部中は3年が5人(駅伝3人、バスケ2人)。チームワーク一丸となっての出来上がりが遅かった。だが、松﨑秀昭監督は「1、2年生が順調に成長している。彼らの力がなければ上位は難しかったかもしれない。子ども達が100㌫の力を出してくれた。非常に満足。このチームで3位すごいなあと思っている」とほほ笑んだ。

【4位】鎌ヶ谷四中・古川琢也監督
44回大会以来で学校新記録4位の成績を収めた鎌ヶ谷四。陸上部を中心に野球、サッカー、テニスの他部からの協力で「10番以内入賞」を目標に臨んだ。
4年目の古川琢也監督は「僕が思っている以上に良い結果だった。予想以上に粘ってくれて10区間までたすきがつながりホッとした」とうれしそうに話した。古川監督は、小学校で3年間教鞭をとり、学区内の同中に転任。小学校でサッカーなどを指導してきた児童と共に同中学校へ。「6、7年見ている子もいるので、私と縁のあった子達が力になったのかとも思う」と笑った。

【昨年60位から9位入賞】柏・田中中・中野直幸監督
昨年60位、一昨年62位だった柏・田中中。55回大会以来の入賞を手にした。今年1年目の中野直幸監督は10年前、57回大会で優勝した柏・酒井根中のメンバーの一人で10区を走った経験を持つ。昨年は3年生が1人、今まで勝った経験がなく、駅伝は辛いと思い込んでいた。今年、9分台の選手が12、3人そろっていた。強力な1年生3人が加わったこともあり、市内駅伝で優勝。「自分達もできる」と確信した。「3年生が引っ張ってチーム力で勝てた。層は厚かった。全校挙げての応援、先生方や保護者、地域の方々の協力も大きい。一緒にいることが心地よさそうでした。こんな団結したチームはない」と監督は褒めた。

コアラ葛飾・J:COM放送時間:11月2日・3日19時~20時。駅伝DVD購入申込:東葛毎日新聞社 TEL04-7146-7312

東葛駅伝巡回写真展



 


                                                  

タグ

2013年10月30日 [第67回東葛中学駅伝] 我孫子・白山中 優勝!~6年ぶり8回目 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 松戸 流山 野田

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。