変わる柏の葉



変わる柏の葉

web社会実験ビジネス創出・東京フューチャーセンター開設

東京大学は、東大柏の葉キャンパス駅前サテライトに、新たな産学連携で新技術の事業化拠点、「東大フューチャーセンター」を開設。併せて、1階に「UDCK」が移転した。
同センターは、7階建て、延べ床面積6,095平方㍍。1階に「UDCK」の他、多目的ホールを構え、2階は事務室、会議室、学生が休憩などに使える学生室など、グローバルなイノベーションオフィス。3階~7階は、研究者と契約者が利用可能な研究室・サーバー室があり、東京大学関係者のみではなく、学外者(但し、教育・研究における東大との協定が必要)が、社会実験のための基礎研究、事業化、人材育成を行う拠点としての施設を設置した。

1階の「UDCK」は東京大学、千葉大学、柏市、三井不動産、柏商工会議所、田中地域ふるさと協議会、首都圏新都市鉄道の7つの団体で運営されており、「柏の葉国際キャンパス構想」を軸に、大学は専門知識を駆使し新しい技術などを街づくりに生かし、行政は地域社会に必要とされる公的サービスを担い、民間は地域の活性化の向上を担い、新たな街づくりを推進する。

隣接する三井不動産「KOIL」との異分野交流もあり、地元中小企業と住民、大学が一体となり集中的に社会実験を行い、新しい街づくりのモデルとして世界的にも注目され、他の先端的な地区との交流も広げ、未来に向けた学びのある街となる環境作りに期待が寄せられている。


                                                  

2014年05月27日 変わる柏の葉 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。