新産業を生みだす拠点「KOIL」…集まる人が交流しやすい場



新産業を生みだす拠点「KOIL」…集まる人が交流しやすい場

web 企業や企業家、住民など多様な人材が集まり知識、技術、アイデアをシェアすることで新産業を生み出す拠点として、柏の葉キャンパスに「KOIL(コイル・柏の葉オープンイノベーションラボ)」が開業した。

 

 

 

 


KOILは、ららぽーと柏の葉に隣接する複合施設「ゲートスクエア」のショップ&オフィス棟の4~6階で三井不動産が事業主。4、5階のオフィスフロアは、約75坪~800坪超まで企業規模に対応する賃貸オフィス。

中心となる6階のKOILパークは、170席の会員制共有ワークスペース。さまざまな職種の企業や個人が集まり、コミュニティとしての空間を通じて、新たな需要と雇用を生み出す場とする。会員用の会議室やロッカー、郵便受けなども揃い、インターネット(Wi-Fi)や電源の利用、コピー・出力・スキャンの基本ビジネス設備も完備している。大型スクリーンや映像、音響の各種設備を設置してた約80人を収容できる「スタジオ」。会議やイベントスペースの「サロン」。3Dクレイプリンター・レーザーカッター・3Dモデラーなど、最新デジタルファブリケーション機器や電子工作などのツールが揃った「ファクトリー」。また地域住民と企業家との交流を促がすことも視野に入れた「カフェ」は、ソフトドリンクやアルコールだけではなく、ランチやディナーを楽しむことができる。
因みに、1から3階は「ららぽーと柏の葉北館」として開店する予定。
■   ■
ゲートスクエア全体計画として、背後の地上14階・地下1階の「ホテル&レジデンス棟」は、国際交流住宅や三井ガーデンホテル。2階にスマートセンター、カンファレンスセンター、1階にレストランが入り、7月にグランドオープンの予定。


                                                  

2014年05月27日 新産業を生みだす拠点「KOIL」…集まる人が交流しやすい場 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。