柏の葉スマートシティ『ゲートスクエア』健康・環境をテーマに本格稼働



柏の葉スマートシティ『ゲートスクエア』健康・環境をテーマに本格稼働

web_ashita 公・民・学が連携して、誰でもが健康で元気に病気になりにくい体を育む「健康長寿」や人と地球にやさしい省エネ活動を推進する「環境共生」、日本の新しい活力を生み出す「新産業構造」の3つのテーマから「世界の未来像」を作る街を目指す柏の葉スマートシティ(柏の葉キャンパス駅周辺)の中核街区「ゲートスクエア」が7月8日、グランドオープンした。

「ゲートスクエア」は、街全体のエネルギーを管理する『柏の葉スマートセンター』。オープンイノベーションラボの「KOIL」や商業施設「ららぽーと柏の葉北館」がある『ショップ&オフィス棟』。短期から中期滞在(キッチン付アパートメントホテル)に対応できる室を用意し、天然温泉大浴場が完備した「三井ガーデンホテル柏の葉」と賃貸住宅の「パークアクシス柏の葉」、国際交流住宅「柏の葉インターナショナルビレッジ」と多様な来外ニーズに応える『ホテル&レジデンス棟』からなる。

「ショップ&オフィス棟」3階には新たに、「街のすこやかステーション」フロアがオープンした。
テナントの一つは、東京大学と民間企業、行政機関、地域住民が協力して、誰でもが健康で元気に長生きできるまちづくりを目指して「生まれる前から始める元気100歳プロジェクト」をコンセプトに誕生した「まちの健康研究所『あ・し・た』」。「歩く・しゃべる・食べる」で、健康な明日をつくる参加型の地域健康サポート拠点として活用される。

ここは食・栄養・口腔、歩行、美容、介護予防とテーマから健康を追及する5つのブースからなり、妊婦から幼児、高齢者まで、どの年代にも役立つ健康のコツが分かるようになっている。また、運動能力や体組成の計測など、体のさまざまな状態を測れる健康計測機器も設置。さらに、専門家のアドバイス、イベント、講習会なども提供していく。

定期的に来て若さと健康についてを知って、測って、学んで、実践することで健康になっていくことを実感できるとし、誰でもが無料で利用できる。

ブースには、研修を受けた地域住民(30人)が、質問に答えるなどしてサポートしている。9月にはグランドオープンして、会員の登録を始める予定。


                                                  

2014年08月11日 柏の葉スマートシティ『ゲートスクエア』健康・環境をテーマに本格稼働 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。