中学生女子サッカーチーム「CANA CRAVO」発足2年で全国。今後に期待



中学生女子サッカーチーム「CANA CRAVO」発足2年で全国。今後に期待

wen_nadesiko 柏のなでしこチーム「CANA CRAVO(カナクラ―ヴォ)」は、発足してわずか2年で「全国女子ユース(U-15)サッカー選手権大会」に初出場した。結果はトーナメント1回戦PKの末3-1。次回へ進むことはできなかった。その悔しさを、10月5日から開催される「第5回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会 千葉県大会」に向け、日々練習に励んでいる。
女子サッカーがクローズアップされてきた昨今、東葛地域に女子中学生がサッカーのやれる環境をつくろうと、柏市高柳に拠点を置くサッカースクール・カナリーニョFC(村田信行代表)がなでしこチームとして、中学生女子を対象にしたサッカークラブチーム「カナクラ―ヴォ」を2012年4月に発足。現在35人(1年11人、2年11人、3年13人)が活動している。
個性豊かな選手がそろったみんなが明るいチーム。個人技で相手にドリブルで仕掛けるサッカーを得意とし、個々の技術を育成している。個人の技術レベルは全国的に高い。
村田監督は「サッカーがうまくなりたいと言う子が集まってきている。こういうクラブに入って個々の技術を磨けば上手になり、ステージに立てる。体力、精神面の強化をして、今後の試合に臨みたい」とキッパリ。3年目に入って「考えながら、苦労しながらやってきたので、僕自身も指導者として成長したかな」と白い歯を見せた。
キャプテンの富田華帆さん(高柳中3年)は「サッカーで全国制覇は出来なかったけど、一人ひとりの力が発揮できて気持ちも入っていたのでいい試合ができた。次は全国制覇したい」と笑顔で話した。
〝柏のなでしこ〟をみんなで応援しよう。


                                                  

2014年09月24日 中学生女子サッカーチーム「CANA CRAVO」発足2年で全国。今後に期待 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。