石巻港から直送300匹のサンマ『大さんま祭り』 11/6 松戸 



石巻港から直送300匹のサンマ『大さんま祭り』 11/6 松戸 

web_sanma震災復興を支援する「大さんま祭り」

今回3回目となる「東日本大震災復興支援 大さんま祭り」(NPO法人たすけあいの会ふれあいネットまつど・ふれあいの居場所「みんなんち」主催)は11月6日11時~15時、NPO法人ふれあいネットまつど事務所前駐車場(松戸市東平賀7-2。北小金駅北口徒歩3分)で開催される。祭りでは、被災者の三浦慶子さん(東松島市)の尽力で、宮城県石巻港から水揚げされた300匹のサンマが直送され、炭火で焼く。参加費500円(ご飯と豚汁付き)。できれば予約・申し込みを。
3年半たった東日本震災。今なお東葛地域には1000人を超え、松戸市内にも福島県を中心に250人の避難者がいるという。「被災地と被災者を忘れない」、「出来ることで何か力になれれば」と思っている人は是非、この機会に、さんまを食べながら避難者の人達と交流しては・・・。
当日は、たすけあいの会ふれあいネットまつどが、震災当時から宮城県東松島市で復興支援活動を続けてきた経過と、これまでの活動内容を展示して紹介する。
「ふれあいの居場所『みんなんち』」は、世代にかかわらず誰でもが気軽に立ち寄り、楽しく触れ合える地域多世代交流の場所として、2012年5月に「たすけあいの会ふれあいネットまつど」の事業の一つとして開所したコミニティカフェ。毎月、歌声喫茶や折り紙、クリニカルアート、カラオケなどの講座を行っているほか、季節ごとに大きなイベントが催されている。
申し込み・問い合わせ 電話・047・346・2052同ネットまつど事務局細嶋さん、西村さん。


                                                  

2014年10月29日 石巻港から直送300匹のサンマ『大さんま祭り』 11/6 松戸  はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。