松戸・常盤平団地ケア会議発足



松戸・常盤平団地ケア会議発足

web地域で高齢者支え合う

松戸市常盤平団地地区は、松戸市内で初めての「常盤平団地ケア会議」(大嶋愛子会長)を発足。9月29日、発会式が行われた。これまで「孤独死ゼロ作戦」を地域ぐるみで展開してきた同団地は、これまでの経験を生かし、さらに範囲を広げネットワークづくりをし、高齢者が安心して住み続けられるように、助け合いの関係を築く取り組みをしていく。

少子高齢化が進み地域で取り組む課題が多くなってきた昨今。同会議は行政、福祉団体などに加え、地域の民間事業所(各新聞販売店、ガスや電力会社など)や介護事業所(デイサービスセンター、居宅介護支援センターなど)、病院、保健医療関係者らというように幅広いネットワークを築き、住み慣れた地域でいつまでも生活を続けられるよう介護、医療、生活支援、介護予防を充実させ、同団地における地域のケアシステムを構築するとしている。


                                                  

2014年10月29日 松戸・常盤平団地ケア会議発足 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。