松戸ホルンクラブ「月うさぎ」2015年1月24日3回目の演奏会



松戸ホルンクラブ「月うさぎ」2015年1月24日3回目の演奏会

アルプホルンを体験する参加者=昨年

アルプホルンを体験する参加者=昨年

4年前の2010年に結成した「松戸ホルンクラブ 月うさぎ」(白幡曜嗣代表)は1月24日14時開演、松戸・森のホール21小ホールで3回目の演奏会を開催する。入場無料、全席自由。申し込み不要。
曲目は昭和歌謡メドレー「歌声喫茶」栗原裕樹編曲 初演。映画「インディペンデンスディ」(1996年)よりほか。
演奏会の特徴と魅力は、フレンチホルン30本による迫力のあるサウンド。高齢者も馴染み深い昭和の名曲メドレーの演奏。実際にアルプホルンに触れて、吹くことも出来る体験演奏コーナーがあること。
同「月うさぎ」は当時、ホルン大好き3人が集まって結成し、松戸を中心に活動開始した。11年3月には松戸・金ヶ作中吹奏楽部とアルプホルン3重奏ジョイントを開いた。そして、音楽芸術監督の風間俊二さんを迎えて、首都圏にはない大編成による「ホルンオーケストラアンサンブル」チームを作り基本、年1回の演奏会に向けて1年間かけて練習している。首都圏初の新しいジャンルのチームとして現在、会員40人ほどで活動している。メンバーは現役音大生や社会人、主婦、大学生など様々。松戸市や柏市、東京都、埼玉県、茨城県などから集まって楽しんでいる。
メンバー募集中。見学希望者はメール    matsudohornclub@yahoo.co.jpで申込み。
問い合わせ電話:050・3736・3018水上茂さん。


                                                  

2014年12月24日 松戸ホルンクラブ「月うさぎ」2015年1月24日3回目の演奏会 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。