ベリッシモさんが作る地産、地消クッキング



ベリッシモさんが作る地産、地消クッキング

手回し発電で電車を走らせるケナフで織物など盛りだくさん
「もったいないの日」の記念イベント

web 松戸市は「もったいないの日」を記念して松戸市民会館を会場に2月14日11時から15時、「もったいないからはじめよう」と題し、イベントを開催する。

13時から15時(開場12時30分)は、イタリア料理研究家のベリッシモ・フランチェスコさんによる「もったいないを考える」〝地産地消クッキング〟が開かれる。参加費無料。申し込み不要で先着1000人。11時30分から座席指定券を配布する。手話通訳・要約筆記あり。事前申し込みが必要で1歳6カ月以上の一時保育あり。

11時から13時は1階の「食育フロア」で無農薬野菜の販売などが行われる。2階の「もったいない運動フロア」には、市民が応募したもったいないアイデア作品がずらり。3階は「減CO2(げんこつ)フロア」で、地球温暖化フォーラムが行われる。

同イベントは、故ワンガリ・マータイさん(当時ケニア共和国環境副大臣)が松戸市を訪問した2月15日を記念して「松戸市もったいないの日」と定め、市民と協働で取り組んでいる事業。

問い合わせ 電話047・366・7311松戸市役所行政経営課(もったいない運動推進市民会議事務局)。


                                                  

2015年01月28日 ベリッシモさんが作る地産、地消クッキング はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。