園児ら遊具のペンキ塗り(加賀幼稚園)



園児ら遊具のペンキ塗り(加賀幼稚園)

なれない手つきで楽しそうにペンキを塗る園児達

なれない手つきで楽しそうにペンキを塗る園児達

柏のダイシン塗装が一役

創業21年のダイシン塗装(柏市南増尾3-19)が、建築業の一部分である塗装業の楽しさを子ども達に知ってほしいと企画したイベント「塗装妖怪ヌリベー参上!ワクワク遊具ペンキ塗り」の第1回目が1月23日、加賀幼稚園で開催された。

加賀幼稚園の年長20人は、ペンキが身体に付かないよう職人さんにレインコートや手袋を着けてもらうと、「待ってました!」とばかりにペンキ入りのバケツを持って遊具へ走り寄り、思い思いに刷毛を動かしていた。
途中、職人さんが扮した「塗装妖怪ヌリベー」が登場、子ども達は怖がる様子もなくヌリベーにもペンキを塗って大騒ぎ。パンダもキリンも船の形の遊具はあっという間にカラフルに色付けられた。

時間になっても塗るのをやめたがらない子ども達を見ていた塚田友子園長は「今の子ども達は、ゲームなどの汚れない遊びに慣れてしまっているので、今回のペンキ塗りは貴重な経験。自分達の塗った遊具は自慢になると思う。卒園の良い記念になりました」と目を細めた。

ダイシン塗装のプロジェクトリーダー竹田貴則さんは「ワイワイ騒ぎながらも真剣にペンキを塗り続ける子ども達の集中力に驚かされました。楽しんでもらえて私達もうれしい。今後も柏市内の幼稚園で定期的に開催していきたい」と笑顔を見せた。


                                                  

2015年02月25日 園児ら遊具のペンキ塗り(加賀幼稚園) はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。