28日は松戸で「みらいフェスタ」



28日は松戸で「みらいフェスタ」

web〝忘れないで被災地と避難者を〟

パラソル喫茶・黄色ハンカチキャンペーン

子ども達の育成のために活動しているさまざまな団体による企画「みらいフェスタ2015」(NPO法人まつどNPO協議会主催)は3月28日10時30分~15時、松戸駅西口デッキ(一部、伊勢丹前広場)で開催される。
デッキではお絵かきせんべいや復興支援のハンカチ作り、エコおもちゃ、スライム作り、人力発電の体験、手作り竹遊びなどの体験コーナー。野外ステージではタップダンス、大型絵本と紙芝居、子ども寄せ、ダブルダッチなどのパフォーマンス。伊勢丹前広場では、ママも子どもも楽しめるワークショップや手作り品・飲食の販売。魔法の積み木「カプラ」遊ぶコーナーも。
問い合わせ☎047・364・8820NPO協議会。
また、東日本大震災から4年目を迎えるに当たり、ふれあいネットまつどと松戸・東北交流プロジェクトは同時に、同フェスタに出展し、復興支援活動「忘れないで被災地と避難者」を呼び掛けるイベントを開く。
その一つは、宮城県東松島市ひびき工業団地仮設住宅で行ってきたオープンカフェ『パラソル喫茶』。おいしいコーヒーの提供のほか、これまでの震災支援活動の様子を展示・紹介する。
また、支援の思い、復興への願いをハンカチに描く「黄色いハンカチキャンペーン」を実施、西口デッキに掲揚する。
問い合わせ☎047・346・2052ふれあいネットまつど。☎047・710・5519松戸・東北交流プロジェクト。

 


                                                  

2015年03月25日 28日は松戸で「みらいフェスタ」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。