古民家の中庭で手作りのものを販売



古民家の中庭で手作りのものを販売

作り手が自分の商品を売る

作り手が自分の商品を売る

おこめのいえ手創り市

「おこめのいえ手創り市」が大正・明治の古民家の中庭で7月19日に開催される。
松戸の中心部、タワーマンションに囲まれた古民家があり、その中庭で今回開催される手創り市では、雑貨・布小物・アクセサリー・菓子・有機野菜などを販売。
手作りの品が集まるこのイベントは、今回で7回目を迎える。
主催するのは、このイベントの代表でもあり出店者でもある、会場の古民家「旧・原田米店」にアトリエを持つクリエイターの安藤早織さんと、フリーペーパー「まつどい」を発行しているライターの篠澤史子さん。のんびりと親しみやすい手創り市なので、散歩しながら立ち寄ってみてはいかがだろう。
会場は、松戸市松戸1874(松戸駅西口徒歩3分・流山街道沿い)。開催時間は11時~16時。※雨天の場合は中止。前日ホームページ http://comeichi.com/
でお知らせをする。
問い合わせ comeichi2014★gmail.com (★を@マークに置き換えてください。)
※駐車場がないので、公共交通機関をご利用か、近くの有料パーキングをご利用のこと。


                                                  

2015年06月24日 古民家の中庭で手作りのものを販売 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。