手賀沼ハスまつり



手賀沼ハスまつり

ハス見船クルージング

web1 手賀沼では7月に入って咲き始めたハスが見ごろをむかえている。 緑道沿いに建てられた展望台に立つと、年々生息域を広げているハスの葉の群生の中に淡いピンクの花が見える。
8月8日㈯の「手賀沼ハスまつり」にはこのハス沼をボートで巡る「ハス見船」が出る。
日よけフードの付いた13人乗りのボートでハスの群生をかき分けてクルージングするこの催しは、地元のボートハウスの方々の協力を得て4年前から始まったもの。大きく生い茂るハスの中をゆっくりと進むボートには、船頭さんの他に案内役のガイドさんも乗っている。ハスのお話はもちろん、手賀沼に生息する魚や飛来する鳥のことなどさまざまなお話を聞かせてくれる。時にはハスの実をもいで、中にある種を食べさせてくれることもある。ボートは一周約30分で発着所にもどる。

「手賀沼ハスまつり」実行委員長の松清さんは「皆さんに手賀沼の雄大な自然を楽しんでもらえれば」と話す。
《手賀沼ハスまつり》8月8日㈯7時~13時(荒天中止)。
〈ハス見船〉道の駅沼南からふれあい緑道を歩いて10分程の所に設けられた臨時発着所から開催時間中随時船が出る。(大人500円、中学生以下300円)
※臨時発着所、木道周辺の駐車場は駐車台数が少ないため自転車、徒歩でのご来場を。
問い合わせ 電話080・5373・6813(松清)。


                                                  

2015年07月29日 手賀沼ハスまつり はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。