「手賀沼湖畔で食す鴨料理キャンペーン」



「手賀沼湖畔で食す鴨料理キャンペーン」

web

江戸時代から手賀沼の鰻とともに贈答品として珍重されてきた『鴨』。明治時代になり、海軍水路局(現在の海上保安庁)初代局長「柳楢悦」氏の著書「鳧雁狩猟記」(手賀沼鴨猟の実践調査報告書)があるなど鴨に繋がりがある手賀沼のほとり、北の鎌倉と言われた我孫子には、たくさんの文人が集まり、その文人も口にしたであろう鴨料理にスポットをあてたイベントを開催中。
参加各店舗を回り、鴨料理1つ食べると1つスタンプが貰え、鴨料理の料金が1000円を超える毎にスタンプ1つ加算される。6つそろえて『アビシルベ』に持って行くと、抽選でアイパッドミニが当たる他、7月に我孫子市公式キャラクターに昇格した『うなきちさん』グッズがもれなくもらえるスピードくじが引ける。

このイベントは、第一弾9月15日まで。第二弾は来年3月15日まで開催される。

※7月23日現在の参加店は我孫子市の6店舗。変更があるのでアビシルベか、同ホームページで確認を。


                                                  

2015年07月29日 「手賀沼湖畔で食す鴨料理キャンペーン」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。