認知症 助け合いカフェ



認知症 助け合いカフェ

 

笑いヨガを楽しむ参加者たち

笑いヨガを楽しむ参加者たち

笑うヨガ講座

認知症の人とその家族の為の情報交換とリフレッシュの場「認知症助け合いカフェ」が9月9日我孫子けやきプラザで開催された。
第3回目となる今回は「笑いヨガくらぶタンタン」による笑いヨガ講座を中心に行われた。
笑いヨガとは心身の健康に有効とされている「笑いの体操」と「ヨガの呼吸法」を組み合わせた運動法で、身体に酸素がたくさん取り入れられ、続けていくと健康と活力が実感できるという。
この日、初めて笑いヨガを体験した参加者たちは、初めは慣れずに戸惑っていたが、「1回笑うと1日若返る!」と話す講師の本松美恵さんらの心から楽しそうな「ハッハッハ‼」という笑い声につられて次第に動きも声も大きくなり、終盤では全員がイキイキと笑いヨガを楽しんでいた。
ヨガの後はお茶を飲みながら座談会が行われ、それぞれの悩みなどを話し合った。参加者からは「気軽に立ち寄って認知症や健康の悩みなどを打ち明ける場所がもっとあれば」「認知症家族の会は2カ月に1度、それでは少ないのでもっと回数を増やして欲しい」などの声が聞かれた。
次回の認知症助け合いカフェは11月11日に開催予定。参加費用は200円。問い合わせ☎04・7165・2886千葉県福祉ふれあいプラザ。


                                                  

2015年09月30日 認知症 助け合いカフェ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。