新鮮‼野菜販売 流山高校



新鮮‼野菜販売 流山高校

二輪車に収穫した品物を積み込み販売へ

二輪車に収穫した品物を積み込み販売へ

東武野田線初石駅からほど近い県立流山高校。ここで行われている野菜の販売が好評だ。約2ヘクタールの農場を有するこの高校では、農業部の課題研究という授業の中で生徒達が作った野菜、果物、鉢植えを販売している。

毎週月、火、水、金の13時半から15時頃まで農場入口の販売所には収穫されたばかりの新鮮な野菜を販売する生徒達の明るい声が響く。
販売されている農産物には定評があり、販売日には品物が並ぶ時間を見計らって訪れたご近所の方々が次々と品台を笑顔で覗き込む。8月の幸水販売時には売り出し前から20人程のお客さんが列をなした。
また、ここでは販売所での販売とは別に生徒達が農産物を二輪車に積んで学校周辺を売り歩くというユニークな販売も行っている。生徒達が丹精込めて作った農作物を売り歩く爽やかな姿は近隣住民にこよなく愛されている。農家さんや一般商店のような品揃えが無くお客さんの要望に応えられない時は残念に思うが、お客さんに美味しかったと言ってもらえた時はとても嬉しいと言う。農作物の販売を通して生徒達は直に購入者の声を聞く事が出来る。
農業部浅川先生は「自分達が作った物がお金になるという事、一生懸命作ればお客さんに喜んでもらえる物が出来るという事を生徒達に実感して欲しい」と話す。
共同で作業をする先生と生徒達の和やかな会話がなんとも心地よいこの販売所ではこれからの時期、収穫される農産物の主役は梨からキウイフルーツに移っていく。品質が良く毎年楽しみに購入する方も多いというシクラメンの鉢植えは11月7日の文化祭からの販売となるそうだ。
《県立流山高校》流山市東初石2‐98


                                                  

2015年09月30日 新鮮‼野菜販売 流山高校 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 流山

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。