秋冬コレクション「ニットクリエイター 栂瀬 真さん」



秋冬コレクション「ニットクリエイター 栂瀬 真さん」

実演中の栂瀬さん

実演中の栂瀬さん

工業用の細い糸を手編みに使う独自の手法で美しい作品を生み出す、山形県出身のニットクリエイター栂瀬真(とがせ まこと)さんのブランド<MAKOTO TOGASE>秋冬コレクションフェアが10月28~11月3日、柏タカシマヤ本館で開催された。
展示されたストールやスヌード、帽子などはいずれもデザイン性が高く、繊細で優しい色合いが特徴。グラデーションも鮮やかで美しく、実際手に取ってみると手編みならではの暖かみやふんわりとした風合いが感じられ、思わず顔をうずめたくなってしまうほど。
高校時代は野球部に所属。甲子園出場経験もあるという異色の経歴を持つ栂瀬さんはすらっとした長身で、とても穏やかな印象の好青年。
中央学院大学法学部時代「なんとなく公務員になること」に疑問を感じ、手に職をつけたいと文化服装学院に入学。20歳を過ぎて初めて編み物を始め、ニットの魅力にのめりこんでいった。在学中にイタリアに渡り<MAKOTO TOGASE>をスタート。創作活動に励むうちに「自分が生まれた土地が一番。そこでの暮らしこそが誇りである」というイタリア人の考え方に感銘を受け、ニットの産地としても有名な地元の山形県に戻り、アトリエ兼店舗の「栂瀬商店」をオープン。山形の新しいお土産物として山形県をかたどった手編みの「山形コースター」の発案や、同郷の作家とのコラボレーションなども精力的に行っている。
「若い頃は地元から出て活躍したいと考えていたが、今は山形に人を呼びたい。山形まで行ってでも欲しいと思ってもらえるような作品づくりを目指しています。既製品、工業製品に慣れている若い人たちにも手編みの良さを伝えていきたい」と話す栂瀬さん。
11月27日からはフクモリマーチエキュート神田万世橋店でのフェアも予定されている。
フクモリマーチエキュート神田万世橋店(東京都千代田区神田須田町1‐25‐4)
http://fuku-mori.jp/manseibashi
栂瀬商店
山形県山形市蔵王半郷570‐5
http://adagio.ciao.jp/


                                                  

2015年11月25日 秋冬コレクション「ニットクリエイター 栂瀬 真さん」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。