柏の野菜で美味しいキムチづくり



柏の野菜で美味しいキムチづくり

みんなで協力してヤンニョムづくり

みんなで協力してヤンニョムづくり

 2月6日にアミュゼ柏で開催された「今年も柏キムチを作ろう2016」

このイベントは、豊かな柏の食材を皆に知ってもらいたいという思いから、柏たなか農園園主の松本庸史さん(柏キムチの会代表)の呼びかけで2年前から始まったもの。

ニンニクと唐辛子以外は全て柏産の野菜を使い、植物性乳酸菌HS‐1を混ぜて作る柏キムチ。事前に天日干しを済ませHS‐1に漬け込んだ白菜に、大根、人参、カブ、生姜、唐辛子と魚醤などで作ったヤンニョムを混ぜ合わせ、上から押さえて空気を抜いて、あとは冷暗所において熟成を待つ。

ぎゅーっと力を入れて漬け込んで!と松本さん

ぎゅーっと力を入れて漬け込んで!と松本さん

この日集まった参加者は20人。初参加の人がほとんどで、松本さんと、アシスタントの野菜ソムリエ亀岡浩美さんのアドバイスを真剣に聞きながらキムチづくりを楽しんでいた。

完成したキムチは皆で分け合い、たなか農園で採れた白菜丸ごと1つと、もち麦もお土産として提供された。

印西市から参加していた荒木孝夫さんは「HS‐1の話がとても興味深かった。キムチはオモニの愛情で出来ていると思っていましたが、科学的な根拠があって美味しいんですね」と笑顔を見せた。

柏たなか農園では講習と実習を通じて野菜作りの基本を学べる体験型市民農園「土の学校」2016年度会員を募集している。自分の畑で採れた野菜を味わってみてはいかがでしょう。

問い合わせ080・5656・3704
柏たなか農園(柏市船戸1027)
※HS‐1は植物性乳酸菌の一種で、茨城県の工業技術センターがキムチからの分離培養に成功したもの。


                                                  

2016年02月24日 柏の野菜で美味しいキムチづくり はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。