誰でも健康に介護予防 ポールウォーキング



誰でも健康に介護予防 ポールウォーキング

ポールを手に武田代表

ポールを手に武田代表

転倒を防止し、安心・安全・簡単に・誰にでも気軽に始められる『ポールウォーキング』少しでも健康寿命を延ばしたい人や、子育てを卒業した団塊世代の注目を集めている。

安藤邦彦博士(整形外科医・スポーツドクター・医学博士)が開発した介護予防運動『ポールウォーキング』は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)・認知症・ロコモティブシンドローム(運動器症候群)・サルコペニア(加齢による筋肉量の減少)対策として開発された歩行法。それを実践し、指導しているのが「柏の葉ポールウォーキングクラブ」。ららぽーと柏の葉北館3階、まちの健康研究所「あ・し・た」を拠点に定期的に体験教室を開いている。

同クラブは昨年6月28日に設立。柏市の公益活動団体として7月3日に登録された。

ただ歩くのとは違い、ポールウォーキングはポールを持つ腕を「引き肘」することで、肩甲骨付近の上半身の筋肉も使用する全身運動。無理せず効果的に体を動かすことができる。さらに足とポールの4点で支えることにより、正しい姿勢で、転倒の不安や、足の痛みなどが軽減される利点がある。

web2 ポールウォーキングマスターコーチ・柏の葉ポールウォーキングクラブ代表理事の武田明さんは体験教室に参加される方へ「自分の健康は自分で守って、ここで体験をして日頃の生活の場で続けて楽しんでほしい」と語った。
◆体験教室
3月14・28日13時15分~15時15分(※原則毎月第2月曜・第4月曜、季節により時間が異なる)先着14人。参加費600円(保険・ポールレンタル料含む・専用ポール持参の方は300円)。開催日2日前の土曜日15時までに要申込。

申し込み・持ち物・服装などの詳細の問い合わせ☎04・7197・7713
ホームページ「まちの健康研究所あした


                                                  

2016年02月24日 誰でも健康に介護予防 ポールウォーキング はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。